ゴシップ

松田龍平が太田莉菜に「僕の大切な人」離婚カウントダウンから一転?

【この記事のキーワード】
松田龍平が太田莉菜に「僕の大切な人」離婚カウントダウンから一転?の画像1

松田龍平Instagramより

 放送中の連続ドラマ『カルテット』(TBS系)での好演が評価されている松田龍平(33)。他方、ここ数カ月は私生活のゴタゴタが週刊誌によって報道され、慌しい日々を過ごしていることが伺える。その松田が3月12日、自身のインスタグラムにて、別居および離婚問題が報じられている妻・太田莉菜(29)の写真と<僕の大切な人であり、逞しい母です。#太田莉菜>という文章を投稿し、話題になっている。

 松田の投稿した写真には、弟・松田翔太も<俺も大好き>とコメント。宣伝等も含まれるが1000件近いコメントがつき、そのほとんどが「かっこいい! 素敵! 感動!」という内容。また、「へんな噂なんて気にしないで!」「マスコミは嘘ばっかり」といったものもある。その“マスコミの流した噂”がどういったものだったか、少し振り返っておきたい。

 まず2月9日、「女性セブン」(小学館)が松田夫妻の別居を報じた。同誌は、2016年春に太田が一人で家を出て行き、その後、娘も太田が引き取るかたちで本格的に別居がスタートしたと伝えていた。そして2月23日、「セブン」が続報を出した。今度は、実は太田が最初に出て行ったのは2015年の秋で、太田は共演した年下の俳優と不倫関係になってしまったことなどが明らかに。さらに龍平の母である松田美由紀(55)が取材に応じ、「別居は事実ですが、後は本人たちに任せています。何より子供のことがいちばん気がかりですね」とコメントしている。つまり別居に関しては噂やデマではなく事実だったのだろう。

 インスタの一文からでは、松田と太田が同居を再開し夫婦としての関係を修復するのか、それとも離婚は回避するが別々の場所で生活するのか、あるいは離婚してもお互いに大切な存在であり父・母として娘を通じ関わっていくということなのか判別がつかない。ただ、どちらであるにしても、松田が太田を「大切な人」と呼んだことは変わりなく、どの道を選択するとしても良好な関係を望んでいるであろうことは確か。ファンが願うように夫婦仲が修復されれば一番良いのかもしれないが……当事者同士にとって最良の選択を見つけてほしい。

FRaU (フラウ)増刊 2017年4月号プレミアム増刊 雑誌