連載

AVから「本番」が消えたら私たちは困るのか。己の妄想力をもっと信じよ!

【この記事のキーワード】
momoco184a

本番じゃなきゃダメ? Photo by Gilles San Martin from Flickr

 SNSでアダルト業界の方と多くつながっているせいか、現在AV業界を取り巻く問題についてはわりと頻繁に目に入ってきます。しかし私自身にとってAVはノータッチの業界、何かいえる立場にはありません。が、巷を賑わせている「AVから本番がなくなってしまうかも!」というニュースには「そんなに困ることなんだろうか?」と首をかしげてしまうのです。

 私はバイブコレクターとして活動をするようになってから、アダルトグッズ業界や数は少ないながらAV業界の人たちと会って話すようになりました。当時は、そのオープンなセックストークにいちいち目を丸くしていましたね。こういうことを下品にならず率直に話せるってステキだなと思ったものです。

 そんなあるとき「AVを観てどこに興奮するか?」という話題になりました。これに対して某大手AVメーカーの女性ふたりが口をそろえて、「ハメシロ!」と即答したのです。言葉の意味もわからなかった私が問い返すと、「女性器に男性器が入っている、まさにそのドアップです!」と教えてくれました。私は挿入シーンより前戯シーンのほうが好きで、女性全体もその傾向にあると勝手に思い込んでいたので、またも目がまんまる状態でした。

 女性でもそういう人がいるくらいですから、男性の「モザイク越しでもガチで挿入していることがわかる」本番シーンへの需要は、やはり高いものなのでしょう。でも、セックスを見せる映像作品の歴史のなかでも、「本番が当たり前」となったのは、比較的、最近のことですよね。日活ロマンポルノや初期のAVは演技や演出によってしている「ように」見せるものでした。ピンク映画はいまでもそうです。

 では、ピンク映画やその他一般映画の「本当はしていないセックス描写」が物足りないかというと、私自身はそんなことはないと感じています。

本番でないと興奮しない、は不自由

 むかーし何度かお試しでいたした男性のなかに、「俺の乳首を強く噛んでくれ! じゃないと絶対にイカないんだ」という人がいました。ほんっとに強く……血が出るほど強く噛まないと射精に至らないんです。私はそれがツラくてツラくて、もう会わないことにしました。後日、ある泌尿器科医の先生にこの話をしたところ、「射精のための絶対条件が多いほど、不自由になりますよね。条件は、ゆるいほうがいい」と返ってきました。

 これを思い出し、「性的興奮の絶対条件」もゆるいほうがいいのではないかと感じました。

「絶対に本番シーンってわかるものじゃないと興奮しない」って、実は不自由なことなのではないかと。本番至上主義が「どうせならナマ!」「さらに中出し!」と観る側の欲望をどんどんエスカレートさせ、結果的として本番をしない“牧歌的”な表現では満足されなくなってきたのでしょう。

 人の脳は見えていない部分を「補完」できるものです。映画ではセックスシーンだけではなく残虐シーンによってもR指定が付きますが、それを避けるための映像テクニックについて聞いたことがあります。

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

痴女の誕生