ゴシップ

ジャニーズ事務所がリーク!中居正広の熱愛報道が嵐・櫻井翔のときと決定的に違う点

【この記事のキーワード】
ジャニーズ事務所がリーク!中居正広の熱愛報道が嵐・櫻井翔のときと決定的に違う点の画像1

そっとしといて。

 3月15日、スポーツ紙が一斉に中居正広(44)の交際報道を放った。これは16日発売の週刊誌「女性セブン」(小学館)を受けての先出しであるが、意外なことにテレビ各局のワイドショーもこの件を伝えている。ジャニーズ事務所の所属タレントの熱愛、であるにもかかわらず、だ。

 「嫌婚派」であると公言してきた中居正広の“6年越しの恋人”と伝えられたのは、振付師兼ダンサーの武田舞香さん(32)。15日の『バイキング』(フジテレビ系)ではこの話題を取り上げ、おぎやはぎ小木が「中居くんに結婚ってどうなの、って聞かれた」と発言。『ミヤネ屋』(日本テレビ系)でも日刊スポーツの記者が出演し同紙の熱愛記事について紹介した。

 つい先日、「週刊ポスト」(小学館)がスクープした嵐・櫻井翔(35)とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(32)の交際報道はどの局も完全にスルーを決め込んでいたのと対照的である。つまりジャニーズ事務所の「報道OK」が出ているということだ。

 熱愛記事を掲載した「女性セブン」は、ジャニーズと懇意にしている週刊誌のひとつである。熱愛記事と同じ号には、香取慎吾の対談、セクシーゾーンのグラビア、Mr.KINGインタビューなどが掲載されている(いずれもカラーページ)。当然、事務所チェックはあっただろう。そのうえで事務所側から「中居の熱愛記事をこの号で出して良い」という判断があったということになる。揉み消そうと思えば「うちのタレントのインタビューやグラビア記事を全て出させない」という手段を簡単に取れるからだ。そこには何らかの意図があるはずである。

 中居が侍ジャパン公認サポーターを務めるWBCの開催期間中にこの記事が出たことに、「中居くんの仕事の邪魔をしないで!」とファンは怒り心頭。中居の場合、熱愛報道がファン離れになるどころか、むしろファンの声援を呼んでいるといえるだろう。

最後の恋 DVD-BOX