ゴシップ

ぶりっ子おじさん・上地雄輔に見る、可愛い路線の限界。 千葉雄大、瀬戸康史はどうなる…?

【この記事のキーワード】
上地雄輔(遊助)オフィシャルブログより

カワイイの定義は人それぞれだし(画像:上地雄輔(遊助)オフィシャルブログより)

 4月19日に遊助(上地雄輔/37)が7枚目のオリジナルアルバム「あの・・いま脂のってるんですケド。」をリリースする。相変わらずぶれないタイトルセンスにネット上では「ぶりっ子おじさん健在だな」との声が上がっているが、一体いつまでこの路線を続ける気なのだろう。

 島田紳介(60)率いるクイズ番組の「おバカタレント」であった上地が、歌手として7枚もアルバムを出しているということも驚きだ。2009年12月にファーストアルバム「あの・・こんなんできましたケド。」を発売して以来、「あの・・夢もてますケド。」「あの・・涙があるから愛があるんですケド。」「あの・・出会っちゃってるんですケド。」「あの・・旅の途中なんですケド。」「あの・・こっからが楽しんですケド。」と、毎年「あの・・~~ケド。」いうタイトルのアルバムを発表している(ちなみにミニアルバムのタイトルも「あの・・お祭りですケド。」だ。徹底している)。しかし後述するがCDの売上は年々下がり、2016年11月のシングル「凛」、2017年3月の「流れ」はオリコンチャートトップ10圏外に。

 『クイズ! ヘキサゴンII』(フジテレビ系)放送時は“おバカキャラ”として女性から「カワイイ」と絶大な支持を集めた上地。Twitterやブログを書けば「意外と深い!」と称賛され、歌詞を書けば「泣ける!」「素敵!」と一部のファンからもてはやされていた。

 ただ、一人称が「オイラ」で、島田紳助のことを「オイラの父ちゃん」、千原ジュニア(42)のことを「にーに」と呼ぶ。黄色いサンタクロースのコスプレをする。歌詞には「太陽つかまえんぞ」「ブーンブンシャカブブンブーン」。30後半の男性とは思えない「あなただょ」などといった文体。顔面ドアップの自撮りの投稿(「がお」と一言)……などの行動から、ネット上では別名「ぶりっ子おじさん」とも呼ばれている上地。今年1月、第1子が誕生したことを報告する際に「クルーが1人増えました」と独特な表現をしていたことも記憶に新しい。よく言えば個性的だが、非常に不思議なキャラクターである。

1 2

[PR]
[PR]
LIVE TOUR 2016 遊助祭 「海」 ~あの・・遊宮城にきちゃったんですケド。~ DVD