連載

美人大物女優Xの「女嫌い」の実態…激動の13年間を振り返る

【この記事のキーワード】
Photo by Sara Biljana Gaon from Flickr

Photo by Sara Biljana Gaon from Flickr

 皆さん、ごきげんよう。アツこと、秘密のアツコちゃんです!

 突然だけど、どんな職場にもイヤ~な奴っているでしょ? よくやり玉に挙げられるのは、若い女子を目の敵にするご存じお局様! 残念ながら、各部署に1人ぐらいはいらっしゃるから困っちゃうわよね。

 そんな時に思い浮かぶのは、毎年発表される「理想の上司」ランキング。2017年の最新ランキングでは、それまで7連覇を達成していた大物女優さんを抑え、日本テレビの水ト麻美アナウンサーが初の第1位を獲得。水トちゃんが上司だったら、ちゃんと叱ってくれるけど、悩み事も明るく笑い飛ばして解決してくれそうで、頼りになる救世主になってくれること間違いナシかな。アナウンス技術は確かだし、後輩アナウンサーはもちろんのこと、共演者からの人望も厚く、実はちょっと人見知りな天然娘・佐藤栞里ちゃんも「水トアナウンサーには『連絡先を教えてください』って自分から聞いちゃいました。そんな人、他にはいません」って言ってたぐらい。動画って意外と正直だから、テレビは人間性がちょっとした瞬間に出ちゃうでしょ。実際、取材をしても完璧な受け答えでちゃんとまとめてくれるし、欲しがり屋の私たちをきっちり喜ばせてくれて、人の良さも感じさせてくれるのよね。

 ということで、前書きが長~くなったけど、今回は主婦にも好かれる水トちゃんに思わず「助けて~」とお願いしたい大物女優さんの“別の顔”を少々、ご紹介させていただこうかなと思った次第。

大物女優の“違和感”

 えっと、その方を“女優X”さんとお呼びしましょうか。ちなみに『ドクターX』ではないので念のため。女優Xさんは現在、出演映画が絶賛公開中で、4月からは主演ドラマが始まり、CMにも引っ張りだこ。容姿はお綺麗で、タッパもあるしスタイル抜群。誰もが知る非の打ちどころのない“超大物演技派女優”さんなの。

 彼女は演技だけじゃなく歌もダンスもお上手で、年に1本は主演ドラマが放送され、大ヒットをかっ飛ばすこともしばしば。世間の評判は「きっぷが良さそう。これぞ男前!」とか「さっぱりサバサバしてそう」と上々で、悪い噂は一切聞こえてこない。共演者からもすご~く評判はいいし、もう何十年もトップ女優の名を欲しいままにしているわ。

1 2 3 4

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。無性にピンクの花が好き。

本当にあった女の人生ドラマ Vol.7 あの女のココが大嫌い!