ゴシップ

綾瀬はるか、深田恭子の背中にならう? バキバキに鍛えた肉体派おっとり女優の双璧

【この記事のキーワード】
綾瀬はるか ホリプロオフィシャルサイトより

綾瀬はるか ホリプロオフィシャルサイトより

 綾瀬はるか(32)が4月14日に水着ショットも収めた写真集『BREATH』(集英社)を発売するという。女優、そして30を過ぎても水着を着る路線は、同じホリプロの先輩・深田恭子(34)の切り拓いた道を進んでいるように感じられる。

 写真集の撮影はハワイで行われ、水着のカットでは胸の谷間も披露しているそうだ。綾瀬は女優として芽が出るまではグラビアアイドルとして活動していた。ネット上にはたくさんの水着画像や、『B. C. ビューティー・コロシアム』(フジテレビ系)でのダイエット企画に挑む姿、品川庄司にセクハラされる姿なども出回っている。女優として十分な地位を築いているタイミングで、当時の、もはや黒歴史ともいえるような時代を喚起させるような水着を見せることは意外にも感じられるかもしれないが、綾瀬は2015年に出た『SEA STORIES Haruka Ayase』(宝島社)でも水着姿を披露しており、露出の多い格好をすることには抵抗がないのかもしれない。

 綾瀬は現在、NHK放送90年大河ファンタジー『精霊の守り人』で主演を務め、長きにわたってアクションシーンに挑戦中。16年3月には撮影前に肉体改造を行ったことを明らかにし、腹筋30回5セット、腕立て伏せ200回を日常的にしていたらしい。17年1月には抑えめになったというが、それは体にアクションが馴染んできたためらしく、体は完全に出来上がっているようだ。役作りで贅肉を削ぎ落としカッコよく鍛え上げた肉体を、ついでに写真集としても利用できると考えれば効率的で頷ける。

 気になるのは、前作の『SEA STORIES Haruka Ayase』は発売から2週間ほどで実売数が約4,000部と大爆死していた点だ。不評の理由としては「肝心の水着カットが少ない」「水着といっても引きの画でインパクトがない」とのこと。清楚路線が完全に失敗したらしい。ファンは、水着のカットがあれば満足するということでもないようだ。

1 2

[PR]
[PR]
深田恭子写真集 This Is Me