ゴシップ

芸人食いの「大河女優」濱松恵がスゴすぎる!狩野英孝→川崎麻世→エグスプロージョン→東京03「エロLINE売却」

【この記事のキーワード】
芸人荒らしの「大河女優」濱松恵がスゴすぎる!狩野英孝→川崎麻世→エグスプロージョン→東京03「エロLINE売却」の画像1

アゴが怖い(濱松恵Instagramより)

 3月28日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)が、お笑いトリオ「東京03」の豊本明長(41)が、女子プロレスラー・上林愛貴(40/ミス・モンゴル)と婚約中にもかかわらず、“大河女優”の濱松恵(34)と浮気し、“エロLINE”を送りあっていた……という記事を巻頭掲載している。登場人物の小物感が否めず、LINEの文面が確かにスケベ丸出しだということ以外さほど驚くような記事でもないのだが、びっくりなのはこの“大河女優”だ。

 というのも彼女、2012年3月の「狩野英孝・新婚6日め不倫」の相手であり(掲載はこれも「FLASH」)、同年5月の「川崎麻世愛人発覚」の愛人であり、昨年5月の「エグスプロージョンおばらよしおが熱愛・妊娠・中絶強要」した相手(これまた「FLASH」報道)でもある。

 ちなみに、昨年に加藤紗里が台頭した「狩野英孝二股騒動」の際は、濱松もちゃっかり便乗して狩野英孝の性癖を語ったり、加藤とヤリ合ったりしていた。ここまで、芸人との性交関係以外で目にしない“大河女優”というのも珍しい。というか他に例がないだろう。

 大河女優というが、彼女は2歳で子役として芸能界入りしており、1995年の『八代将軍吉宗』と96年の『秀吉』に確かに出演している。しかし12~13歳の頃の話で、代表作はほぼない。むしろ代表作は「FLASH」といえるかもしれない。

 そんな彼女のブログをのぞくと、長井秀和と親友のような関係にあるようで、頻繁に長井と遊ぶ写真が出てくる。が、ストーカーに追われていると綴り、今年2月でブログ更新は途絶えている。美人であることは間違いないのだろうが、次々と売れっ子の芸人たちが彼女と性的な関係を持つからには、どこか抗えない魅力があるのだろう。私生活では一児の母であると公表しているが、今後もトバしていくに違いない。次はどの芸人の赤裸々LINEが「FLASH」に載るのだろうか。

[PR]
[PR]