連載

小学生にはエロすぎた…「愛ゆえの強引なセックスは正当だ」と少女に教え込んだマンガ/種村有菜『神風怪盗ジャンヌ』

【この記事のキーワード】
小学生にはエロすぎた…愛ゆえのセックスは正当だ、と少女に教え込んだマンガ/種村有菜『神風怪盗ジャンヌ』の画像1

『神風怪盗ジャンヌ1』 (集英社文庫)

 ラブコメ作品を中心にヒットを飛ばしまくっていた90年代の集英社『りぼん』。“魔法”や“変身”や“悪との闘い”が登場するSF系、戦闘系の作品は、全体から見ると比較的少数派だったものの、池野恋の『ときめきトゥナイト』(1982~1994年)、水沢めぐみの『姫ちゃんのリボン』(1990~1994年)『赤ずきんチャチャ』(1992~2000年)などの長編ヒット作もあり、アニメ化される傾向にあった(未就学~低学年の女児は、魔法と変身が大好き♡)。

 今回紹介するのは、種村有菜の『神風怪盗ジャンヌ』(1998~2000年)。昼は女子高生の日下部まろんが、夜ごと怪盗ジャンヌに変身して悪と対決していく……という物語である。実は、この作品が連載開始した当時、既に小学校高学年になっていた私は「(低学年向けの)闘いモノがはじまったんだ~。絵があんまり『りぼん』って感じじゃないな~」くらいにしか思っていなかった。ところが、……これが……エロかった!!!!!

 セックスという言葉は出てこないし、処女=純潔を守る、性行為=純潔を奪われる、など回りくどい表現に置き換えられているものの(今読むとそれが逆にエロかったりするけど)、それでも『りぼん』がよくOKしたよな……と驚くくらい、きわどい性描写やセリフがたびたび登場する。何というか……二次元的なエロさというか……私はその道に明るくないけれど、同人誌的なエロの空気がそこにある(そして種村有菜は、『ジャンヌ』のアダルト同人誌も出している)。制服のデザインはコスプレ系で凝っていて可愛らしいのだけど(秋葉原のカフェスタッフさんみたい)、ボディラインが際立つ(おっぱいは大きく、ウエストは極端に細く)。種村有菜は目が大きくてラインがくっきりの女児向けアニメ系のキラキラした絵柄が特徴的だが、頬を赤らめて目を潤ませる女性キャラの表情は、はっきり言って、エロい。子供ながらに「なんかよくわかんないけど、これってエロい」とドキドキさせられたことを覚えている。

 エロについては一旦置いておいて、『ジャンヌ』のヒロイン・まろんとヒーロー・稚空(ちあき)が、とことん理想と願望を具現化したような人物造形であること、そんなヒロインとヒーローの織りなす恋愛模様も極限まで理想と願望を追求した完璧なものだったことについて、まず触れていきたい。ちょっと恥ずかしくて読み進めるのが無理なほどのクサいセリフが、ありすぎるのだ。チャラくてモテモテでボンボンの謎の隣人である稚空が、まろんの“健気さ”に心を揺さぶられ、超一途に愛を注ぎ、決め台詞を吐きまくる……毎号ときめき、骨抜きにされた読者は多かったのではないか。

1 2 3 4

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

[PR]
[PR]
神風怪盗ジャンヌ 文庫版 コミック 全5巻完結セット (集英社文庫―コミック版)