ゴシップ

有働アナ「48歳だから結婚は諦めざるを得ない」―女の幸福度を外野が決めることについて

【この記事のキーワード】
『あさイチブログ』より

『あさイチブログ』より

 2010年より情報番組『あさイチ』(NHK)の司会を務め、いまや名実共にNHKの看板アナウンサーである有働由美子アナウンサー(48)。幅広い世代から支持を集め愛されている彼女であるが、ここ1年ほど彼女のもとには全国から続々と縁結びのお守りが届けられているのだそうだ。3月28日発売の「女性自身」(光文社)は、これまで届けられた縁結びお守りの総数が100個以上であると明かし、有働アナがそれらを「みなさんの思いがこもった大切なプレゼント。捨てるなんてとてもできない」と大事に箱に詰めて社内に保管しているとの記事を掲載している。

 筆者は『あさイチ』出演時の有働アナウンサーのスタイリングが好きだ。ショートカットの美しいネックラインを生かすようなトップス着用が多く、少し甘めのテイストでまとめたスタイルも決して痛々しくならずにさらりと着こなしている。トークでは共に司会を務めるV6井ノ原快彦(40)も認める “返し上手”を武器にしており、彼女の軽妙な切り替えしのおかげで番組内にはいつも笑いがあふれている。話題も豊富でまさに聡明な女性そのものなのだが、本人は自虐ネタを得意としており、決してその聡明さをひけらかすようなことをしない姿勢もカッコいいし素敵だと思うのである。

 そんな有働アナウンサーは、48歳で独身である。2013年5月には5歳年下の青年実業家Aさんとの熱愛が「女性自身」によってスクープされており、14年にも同じ男性とホームセンターでデートする様子を撮影されている。Aさんは東海池方を生活の拠点としているため遠距離恋愛で、ふたりは有働の自宅で週末同棲を送っていると報じられていたのだが……。

 同誌はAさんとの交際状況を確認すべく、有働アナの48歳の誕生日の翌日である3月23日に『あさイチ』終わりで自宅に戻る彼女に直撃取材を試みたそうだ。スッピン姿で愛犬のトイプードルを入れたケージを大事そうに抱えた有働アナは「会社で禁止されているけれど、せっかくなので少しだけなら」とにこやかに突撃取材に応じている。

1 2

そんな彼なら捨てちゃえば? (字幕版)