インタビュー

加藤鷹「“男どもが悪くて、女性は悪くない”という単純な認識は持たないでほしい」/インタビュー

【この記事のキーワード】
加藤鷹「男どもが悪くて、女性は悪くないという単純な認識は持たないでほしい」/インタビューの画像1

鷹さん、色々教えてください!

 1988年にデビューし、2013年に引退するまで実に25年間AV業界で活躍し続けた加藤鷹さん(57)。今年で業界生活30周年という節目に、最新ちんぽ事情から知られざるエロメンの悩み、そして業界が抱える問題について、聞いてきました!

前半はコチラ⇒レジェンド・加藤鷹が語る、AVを真に受ける男としょぼいセックスをする女たち

俺は、早漏でドM

――鷹さんご自身の性癖って、プレーンなんですか?

加藤 はっきり言って、同業の人で俺より普通だと思った人はいないからね。それくらい、俺はすごく普通。

――変態だと思う男優さんはいますか?

加藤 しみけんだね。あいつは公言しているしね。しみけんのそういう、包み隠さないところが好きだよね。俺は現役時代から、エロ業界にいたわりにはエロに固執したことはないんだよね。ビジネス以上でも以下でもない。だから「みんな性癖とか持ってて、いいなあ」と思うもん。しいて言うなら、おばあちゃんも対象になる、くらいかな。というか、すべての女性が性的対象。ルールとして「18歳未満はダメ」という認識はあるけど、対象じゃない女性はいないよ。面白いよね、セックスは。俺が今でも元気なのは、セックスを否定していないからだろうね。大体、「あんなババアじゃ勃たねぇよ」って奴、いるでしょう? そういう奴こそビンビンになるんだよな。

――なぜでしょう?

加藤 ババアを否定するのは自分のちっぽけなプライドでしょ? 「こんなババアで勃つわけがない」という。俺はそういうのがないからさ、「気持よくて勃っちゃうとき、あるんじゃないの?」と思うもん。自分のことを知らないんだよね、男って意外と。俺が元々この業界に入ったのも、男としてどうあるべきか、というのをテーマに「勉強になるかも」と思ったからであって、「イイ女とヤリたい」というのではなかったから。ひびやん(日比野正明監督)が、いつも俺に言っていたんだよね。「鷹さんはすごいブスのとき、一生懸命だよねぇ」って。それは、他の男優がブスとそうじゃない女優に差をつけているだけじゃないですか? と思う。俺は可愛い子だろうがデブだろうが、ブチャイクだろうが、いつも常に100%でしかヤラない。「この子はブスだから適当にヤッちゃおう」と思う奴がいたら、それはプロではない、と思うんだよね。

――常に100%でヤれるものですか?

加藤 そもそも、人間は容姿ではないと思っているから。美人のマグロとブスのドスケベだったら、どっちがいいか、確実に後者がいいよね、という話。ただ、お尻の大きい女性は、ギュッとしたくなる。だから女王様とか好きなんだよなぁ。あとは性癖じゃないけど、意外に思われるかもしれないのが、俺は早漏ってこと。というか、男優って、早漏の人が多いんだよ。

――そうなんですか? 意外です!

加藤 遅漏の人に男優の仕事は無理だと思う。イカないといけない仕事だからね。

――早すぎても困りませんか?

加藤 単純に、仕事としてやらなければいけないことがあれば遅くできるし、プライベートに戻ると早漏、というのはあるよね。ちなみに吉村卓が早漏の記録を持っているけどさ。

――いかほどですか?

加藤 ふたこすり半で射精したって記録があるから。でもそれって思考次第でさ。俺だって、人生初のセックスを今振り返ると、相当早かったんだろうなと思うよ。俺たち男優は、仕事で行わなきゃいけない、という認識でやっているから、長くやっているように見えるだけかもしれない。よく、「どうやってコントロールするんですか?」と聞かれるけど、コントロールしているという認識がないんだよ。

――でも、たとえば監督さんに「今、発射してください!」と合図されたら?

加藤 イケる。「1分後、鷹さんお願いします」と言われたら、イケる。

――逆に、「ちょっと待ってください!」も?

加藤 できる。こういう調節を、遅漏はできないだろうから、やっぱり早漏は男優向きかもしれないね。

――勃起させながら発射も我慢できるってことですね。さすがプロの技はすごいです。

1 2 3

[PR]
[PR]
奥義直伝