ゴシップ

4月クールの「フジ月9」「TBS日曜劇場」は成功か破綻か…バカリズムのOLドラマも注目

【この記事のキーワード】
フジテレビ『貴族探偵』 オフィシャルサイトより

フジテレビ『貴族探偵』 オフィシャルサイトより

 4月に入り、いよいよ春の連続ドラマがスタートする。前クールは『A LIFE~愛する人~』(TBS系)で浅野忠信が存在感を見せつけ、『カルテット』(TBS系)にて高橋一生ブームが巻き起こり、『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)では三浦翔平が覚醒するなど、多くの俳優が話題となったシーズンであった。そこで次クール作品のスタートを前に、注目作を紹介していきたい。

 月9ブランド復活をかけたドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)で主演を務めるのは嵐・相葉雅紀(34)だ。月9は2016年以降、有村架純(24)・高良健吾(29)主演の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、福山雅治(48)主演の『ラヴソング』、桐谷美玲(27)主演の『好きな人がいること』、山田涼介(23)主演の『カインとアベル』、西内まりや(23)主演の『突然ですが、明日結婚します』がことごとく平均一桁台の爆死を記録し、最低視聴率を更新してきた。

 ガタガタに崩壊した月9ブランドを復活させるべく、武井咲(23)、生瀬勝久(56)、井川遥(40)、滝藤賢一(40)、中山美穂(47)、松重豊(54)、仲間由紀恵(37)ら豪華キャストを揃えて挑む『貴族探偵』。脇を固める俳優は申し分ないが、棒演技でおなじみの相葉が果たしてどこまで力を発揮できるのか。すでに公開中の予告動画でも「まったく貴族に見えない」「相葉ちゃん大丈夫かな」とファンすら心配を寄せる始末だ。ただ視聴率を見れば、相葉が主演を努めた連続ドラマの全話平均視聴率は、2012年の『三毛猫ホームズの推理』(日本テレビ系)が12.8%、2013年の『ラストホープ』(フジテレビ系)が10.6%、2015年の月9『ようこそ、わが家へ』が12.5%と何とか2桁はキープしている。他キャストの集客力を加算すると、脚本・演出次第では相葉の役者史上最高レベルの大ヒットが期待される……かもしれない。

1 2

[PR]
[PR]
架空OL日記 1 (小学館文庫)