連載

電話1本ですぐ駆けつける! 韓国人彼氏に尽くしまくるバツイチ日本人女性

【この記事のキーワード】
seoul114

早く駆けつけるために、移動はタクシー。Photo by Joop from Flickr

 韓国で出会った“ALSOKな日本人女子。そう、すぐに駆けつけてくれ、守ってくれる、あのALSOK。吉田沙保里のALSOK(もう辞めたけど)。頼りになるALSOK。もしかしたらこの日本人女子、ALSOKよりもすごく頼りになるのかもしれない……

 韓国に暮らして半年のユイカさんはバツイチ、子どもなしの42歳。水卜麻美アナを少し老けさせたようなふんわり系で、無理な若作り感はない。年相応で清潔感のある印象だ。

「どうしても! どうしても! 何がなんでも! 韓国人とつき合いたくて」韓国に来たユイカさん。「冬ソナ」ブームのころからの元祖・韓流ファンで、ファンつながりで知り合った日本人女子のなかには、韓国人とつき合っている人も多く、彼女たちの披露するラブラブ話にずっと憧れていた。

「日本でも韓国語教室や韓国料理屋に行けば韓国人とは知り合えますが、そういう場所で会う人は妙に日本人慣れしていて面白くないんですよ。やっぱり本場に来ないとダメだと思って、去年の秋に思い切って仕事を辞めて韓国に来ました」

 ユイカさん、ふんわりした見た目からは想像できなかったが、なかなかの肉食系。ソウル暮らし1日目から韓国男をゲットし、この半年で10人の韓国男とエッチしたという猛者(?)なのだ。

「私、おばちゃんじゃないですか(笑)。黙って待ってたって男が来るわけないのぐらい、わかってますよ。だから自分からガンガン声をかけるんです。仕事まで辞めて韓国に来たわけですから、これぐらいはしなくっちゃ!」

 ちなみに、日本での逆ナン経験ゼロ。「韓国だからできる」と笑うユイカさんだが、最近はそんな逆ナンもきっぱりと封印。その理由は、2カ月前から韓国人男子と真剣交際中だから。彼氏はユイカさんよりも10歳年下の32歳。

年下男性と付き合うための「努力」

「シンチョン(新村、ソウルの繁華街)の居酒屋で友だちと飲んでたとき、彼のグループと隣同士になって、そのまま席をくっつけてみんなでワイワイ飲んだんです。私は最初から彼に目を付けていたんで、しっかり横をキープ。みんなから見えない机の下でずっと太ももを触っていたら、簡単に落ちました(笑)」

 それまで出会った韓国人とは12回エッチをしただけで関係は続かなかったが、ユイカさん曰く「彼は初めて本気になった韓国人」。「若い彼に捨てられないよう」に、必死でがんばる(?)毎日だ。

「彼は親と同居中。でも部屋が独立した作りになっていて、親と顔を合わせずに彼の部屋に入ることができるんです。彼から『会いたい』『顔が見たい』と言われればすぐに駆けつけます。彼の家とはバスで30分ぐらいの距離ですが、1秒でも早く着きたいから必ずタクシーで。彼が『僕が寝るまで見てて』と子どもみたいに甘えてくるんです。かわいいでしょ(笑)。いわれたとおりにちゃんと寝るまでいてあげて、彼を起こさないように部屋を出たら、1時間後にまた『来て~』と言われて、すぐにタクシーに飛び乗って戻ったこともありますよ。うふふっ」

1 2

[PR]
[PR]
アジアのごはん