ゴシップ

渡辺謙は「もともと変な人」。南果歩家族との同居、模範的な良き夫イメージこそ虚像だった?

【この記事のキーワード】
渡辺謙

渡辺謙Twitterより

 すでにこっそり日本に帰国しているのか。はたまたアメリカで念入りに今後の対応策を練っているのか。3月末に21歳年下の元ホステスとの不倫愛が明るみになった俳優の渡辺謙(57)の動向が見えない。一時は、3末に日本に戻ってくるのでは? とも言われていたようだが、4月4日時点では帰国の一報は聞こえてこない。3月23日を最後にツイッターの更新はなく、妻で女優の南果歩(53)のツイッターも3月15日を最後に投稿が途絶えている。

 渡辺が自身の口で今回の騒動を語らないものだから、不倫愛が報道されてからというもの巷ではいろんな説が飛び交っている。<不倫相手の女性にリークされた>説や<南とは仮面夫婦だった>説、そして4月4日発売の「女性自身」(光文社)が掲載している<献身夫は名演技だった>説や、同じく4日発売の「FLASH」(光文社)では<マスオさん状態が息苦しくて不倫>説などなど……。

 「FLASH」は、渡辺の不倫愛を大々的に報じた「週刊文春」(文藝春秋)の関係者から聞いた話だとして「今回のツーショット写真は不倫相手であるAさんサイドから持ち込まれた。渡辺とAさんの間にトラブルが起きているよう」と穏やかではない背景を匂わす。さらに同誌は現在の渡辺の生活を、南の家族とともに暮らすマスオさん状態であるとし、その暮らしに息が詰まった渡辺が次第にAさんにのめりこんでいった、と見立てている。渡辺は東京都内に建設した総工費6億円の大豪邸に、南の母・姉を含む4人で暮らしているそうなのだ。

 夫婦間のケンカも多かったようで、南はケンカのたびに「家出する、と宣言して家を飛び出すのはしょっちゅう」と自ら2013年の週刊誌のインタビューで話してもいる。マスオさん状態で気を遣わざるを得ないこと、南の家出にいっそう肩身の狭い思いをしていることなどが、渡辺をAさんとの恋に走らせたと見て、「FLASH」は渡辺をおもんぱかるような書き方をしているのだが、筆者としては、そのせいで渡辺がAさんとの不倫にのめり込んでいったとはとうてい考えられない。南自らの発言によると、家出といってもほんの数時間の出来事のようであるからして、その程度でいちいち渡辺が同居する南の家族の顔色をうかがい、家の中で息が詰まる思いで身を縮めているとは言えないのではないか。だいたい渡辺は年の半分は海外で暮らしているのだし、日本の家ではマスオさんだからといって彼のメンタルに大きな影響を与えるとは思えない。日本で暮らす半年の間は常に南の実母と実姉とべったり一緒、というのもまた考えにくい。たまたま生活スタイルとしてはマスオさんであるかもしれないが、それが不倫の原因だと単純化して良いものだろうか?

1 2

[PR]
[PR]
瞬間幸福