ゴシップ

年商6億のセレブ実業家を自称、レイザーラモンHGの嫁・住谷杏奈が実際にしている仕事って?

【この記事のキーワード】
年商6億のセレブ実業家を自称するレイザーラモンHGの嫁・住谷杏奈が実際にしている仕事って?の画像1

サエコと仲良し☆(住谷杏奈公式LINEブログより)

 4月3日放送のバラエティ『もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に、お笑い芸人レイザーラモンHG(41)の妻でタレントの住谷杏奈(34)が出演。その金満ぶりを見せ付けた。ただ、「HGは知ってるけど、嫁はタレントと言われても顔が売れていないので誰だかよくわからない」という視聴者も多かったのではないだろうか。

 住谷はもともと売れないモデル兼グラドルだったが、2006年に「フォー」で一世を風靡し全盛期だったHGと結婚、二児をもうけた。しかしHGが怪我などで活動縮小を余儀なくされると、コスメブランドやカフェのプロデュースに乗り出し、それらが次々大ヒットしたため現在は年商6億円を稼ぎ出しているという。住谷プロデュースのコスメやカフェにどのような魅力があるのか不明だが、知名度が低いにもかかわらず売上を上げたということはなかなか商才に長けているのだろう。

 同番組では住谷の「ズレてるところ」として、ピザが大好きな我が子たちのために「なんと1億円かけてピザ屋を作っちゃった」ことが紹介された。ピザを喜んで食べる子供たちの姿を見て「ピザ屋開こう」と思い立った住谷は、1億円を投資して本当にピッツェリアを開店。自分も含め、子連れ客が集りやすいように店内に子供用のフリースペースを設置したが、「元がとれなくて失敗。2年で潰した」という。

 ピザ屋経営には失敗したが、住谷の商売はとにかく手広い。かつて出演した『ニノさん』(日本テレビ系)では、実業家としての顔を大いに明かしていた。化粧品や美容グッズのほか、最近ではデリケートゾーン用ソープ「ANNBEAUTE」がヒット中らしい。この「ANNBEAUTE」、ECサイトからの通販専用の商品で、いわゆる無名会社の<ダイエットサプリ><バストアップブラ>とそっくりなニオイがプンプンする。つまりそういうことなのだ。

 ちなみに前出の潰したピザ屋は、同じ物件を改装してパンケーキ屋にしている。住谷自身が「パンケーキが食べたい!」と思いついたためだというが、客足が遠のけばそのうちまた別の店に変わるのだろう。スンドゥブ屋とか。

(犬咲マコト)

[PR]
[PR]
人生はあるあるである (小学館よしもと新書 れ 1-1)