インタビュー

AVの「ガチレイプ」は本当に演出なのか? AV男優・ピエール剣に聞いた業界の慣習

【この記事のキーワード】
こ、怖いキュウ…

こ、怖いキュウ…

そろそろ暖かくなってきて変態も虫も出現しつつある季節、みんな元気にしてるキュウ?
あたしは花粉症がしんどくて、それを口実に毎日ダラダラしてたキュウ。
夏は暑い、冬は寒い、春は花粉、梅雨は雨……秋以外は言い訳しか言ってないキュウ。

鼻をすすりながらmessy編集部に久々のAV男優インタビューをやりに行ったキュウ。

エロメン? 若手男優? もしくは、またスカトロ男優……!? と想像を巡らせながら着くと、一人の男を紹介されたキュウ。

「しQちゃん、この方はピエール剣さん。レイプものAVによく出ていらっしゃるベテラン男優さんです」

キュキュウ……! 想定外!!!
レ、レ、レ、レイプ男優なんて怖いキュウ怖いキュウ怖いキュウ!!!
そんなことなら例の店で貞操帯買って付けてきたかったキュウ~~~!

覚悟を決めて部屋に入ると、そこにはスキンヘッドのニコニコした中年男性がいたキュウ。
こ、こやつがレイプ男優キュウ…??

――初めまして、しQちゃんですキュウ…。

「初めまして、ピエール剣と言います。よろしくお願いします。(ニコッ)」

――(笑ったときに見える歯が新庄並みに白いキュウ……)あたし、今、お前さんがレイプ男優って聞いたけど、それってマジもんキュウ……?

「いや、レイプ男優ってわけではないんですよ。ただ人よりもレイプの仕事が多いってだけです。(ニコッ)」

――そ、そ、そうなのキュウね……。いきなりレイプAVの話をするのも、あたし胃もたれしそうキュウ……。スカトロは平気になったキュウけど、レイプとか陵辱ものって怖いからあまり見ないキュウ。まずは、男優・ピエール剣の今に至るまでを聞くとするキュウ。今、お前さんは何歳キュウ……?

「1967年4月10日生まれなので、今49でもうすぐ50歳ですね」

――キュキュウ! もっと若いかと思ったキュウ、肌ツヤが結構いいキュウ。射精しまくってるからキュウ? 出身はどこキュウ?

「生まれが東京で育ちが埼玉です」

――ちなみに身長は……? チン長じゃなくて、背の高さを聞いてるキュウ。

「わかってますよ(笑)。171㎝です」

――圧がすごいからもっとでかいと思ったキュウ。49歳ってことは、AV男優歴は何年になるキュウ?

「26歳でデビューしたので25年目ですね」

――えっ、な、長いキュウ~~! 超ベテラン男優キュウね。田淵正浩さんと同世代ってことキュウ。ってことは、ベテランレイプ男優ってことキュウよね……(ゾクッ)。

「別にレイプ一筋ってことではないですよ……?」

――OH、「レイプ一筋ですよ」って言われたら帰るとこだったキュウ。26歳でのAV男優デビューのきっかけは、なんだったキュウ?

「元々、小さい劇団で役者をやっていたんです。それで、ここで役者やっててもダメかな……と思っていた頃に、知人に小さい音楽事務所を紹介してもらって。舞台とかもよくやっていた事務所で、人手が足りないと言うので入ることになりまして」

――それは俳優としてキュウ?

「俳優として所属したものの、お笑い芸人をやることになりまして……」

――キュキュウ! 恐怖のレイプ男優の過去がお笑い芸人だと!?

「そこの事務所にトリオの芸人がいて、一人抜けたので入らないかと誘われたのが、きっかけです」

――え! トリオやってたキュウ? トリオって、ツッコミ・中ボケ・大ボケがいるキュよね? どれやってたキュウ!?

「僕はツッコミとボケをやってたましたね。リーダーがボケで、もう一人がボケ担当だったので。僕は間に入って両方やってたんです」

――ネプチューンでたとえるなら……?

「原田泰造のポジションですね」

――なんとなく想像ついたキュウ~~。コントを劇場でやってたってことキュウ?

「劇場というか、今の吉本ルミネとかのイメージとは全然違うんですよ。よくドサ廻りしてましたね。劇場とか演芸場みたいな、そんないいところには行けず。温泉の宴会とか自衛隊の新入歓迎式とか……体育館で、とかでしたね。音楽事務所なので、売れない歌手の前座と僕らがコントをして場を温めて……という流れです」

――下積み芸人をちゃんとやってたキュウね! 何歳ぐらいのとき?

「24歳頃からですね、なので26歳からは男優とは被りながらやってましたね」

発射男優がいた時代

――お笑いは何歳までやってたキュウ?

「27歳頃までですね。お笑いだけでは食っていけないので、水商売でも働くようになっていたのですが、そのお店でAV監督と知り合いまして」

――キュキュウ!? 水商売ってホストかキュウ??

「新宿二丁目でサパーをやってたんです。ホストではないけどホストまがいのことですね。二丁目ですけど働いてるのは全員ノンケの男で、女性のお客さんが多かったですね」

――そこにAV業界の人も飲みに来ていたキュウ?

「あるAV監督の男性がよく飲みに来てたんですけど、店で撮影をしたいから撮影場所として貸してくれないか? と頼まれたんです。AV撮影ってどんなものか気になって、撮影を見学させてもらったんですが、その監督が兼業男優として出演していたのに全然勃たなかったんですね。女優さんは女子大生で可愛い子だったのに、勃たないから結局擬似発射になって。『あんな可愛い子で勃たないなんて勿体ねぇ~~』とポツリとつぶやてしまいまして、『じゃあ、やってごらんよ。人前で勃つわけなんかないんだから』と言われたので、一週間後の撮影に急遽、男優として参加することになったんです。
そしたらどういうわけか普通にできたんですよね。可愛い女の子とエッチしてお金もらえるなんて、いい仕事だな、と思って、その後も呼ばれれば出るようになりました。ただ、続けていくうちに、可愛い女の子と普通にエッチするだけの仕事では全然ないんだって痛感するんですけど……」

1 2 3 4 5 6

しQちゃん

子宮のゆるキャラ(妖精)。アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ 

@sheQchanz

[PR]
[PR]