ゴシップ

木村拓哉は事務所から優遇されていない? ファンの支えを欲し「求められたい」と語る苦しい現状

【この記事のキーワード】
映画『無限の住人』 オフィシャルサイトより

映画『無限の住人』 オフィシャルサイトより

 SMAP解散騒動で“裏切者”の烙印を押されてしまった木村拓哉(44)。ジャニーズへの「恩義」を重視し「筋を通した」という木村は、事務所内で優遇され、ゆくゆくは幹部になる……と見られていたのだが、ここへきて「そうでもないらしい」との見方が強くなっている。自分が置かれた立場について木村がテレビや雑誌などで語るにつれ、どうやら孤立無援の状況下にあるようだとファンが心配を募らせているのだ。

 映画『無限の住人』公開を一ヵ月後に控える木村は、4月4日に発売された「週刊SPA!」(扶桑社)に登場してロングインタビューに答えている。映画の話を一通りしたところで、SMAPを匂わせる発言が飛び出していた。

 3年前と変わったことについて聞かれた木村は、基本的に変わっていないとしながらも「活動の形態は変わった」「今まで乗り合わせていた船からは降りたので」とコメント。これは確実にSMAP解散を指している。

 さらに船から降りたことについて、「今まで仲間と一緒に漕いできたり。風の力を使ったりして。ずっと進んできた。これからは個人の手漕ぎボートになっちゃった」といつもの木村節(例え話)で語る。この言葉からは、SMAP時代はメンバーの力や、“風の力”という外からの後押しに自分が支えられていたが、現在はそれらがなにもない状態だと推測できる。それにしても、ジャニーズ事務所からの“風”も木村には吹いていないということなのだろうか?

 『無限の住人』の主演は、三池崇史監督が『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)の会場で直々に木村にオファーしたものらしく、確かにその話が事実ならば事務所が取ってきた仕事ではないようだが……。

1 2

ロングバケーション DVD