連載

“ザーメンまみれに”との痴れ言を「筒井さんらしい」で許す錆びついたマチズモ

【この記事のキーワード】
武田砂鉄

武田砂鉄/論男時評(月刊更新)

 本サイトを読まれる方が日頃手にすることがないであろうオヤジ雑誌群(そして新聞)が、いかに「男のプライド」を増長し続けているかを、その時々の記事から引っ張り出して定点観測していく本連載。

 作家・筒井康隆が自身のブログ「偽文士目碌」やTwitter(現在は削除済み)で、韓国に設置された少女像について、「あの少女は可愛いから、皆で前まで行って射精し、ザーメンまみれにして来よう」と記した。あまりの愚言に愕然とする。当然、韓国では批判が殺到し、翻訳出版された筒井の著書を絶版にする判断も下されている。新聞報道では「ザーメンまみれ」などとは書かずに(書けずに)、表現をぼかし「屈辱を促すようなことを書いた」(東京新聞・4月9日)、「慰安婦像の少女を『可愛いから』と述べたうえで、性的な侮辱表現を続けて使った」(朝日新聞・4月8日夕刊)と書くにとどまっている。新聞だけを読む高齢層には、この事案を生じさせた最たる部分が伝わっていない可能性も高い。批判する声を受け、筒井自身は「韓国の人たちをどれだけ日本人がひどいめに遭わせたかよく知っています。韓国の人たちにどうこういう気持ちは何もない」(同・朝日新聞)とコメントしてみせたが、言い訳として破綻している。

「あんなものは昔から書いています」
「今回騒いでいるのは、僕の小説を読まない人たちでしょう」

筒井康隆/上『朝日新聞』2017年4月8日夕刊、下『東京新聞』2017年4月9日

 筒井の発言を受け、この程度の発言はこれまでの彼の作風から考えれば想定内であり、特段問題にするべきものではない、との見解が現れた。「偽文士目碌」は、そのタイトルにあるように文士のパロディーとして綴られた日記であり創作なのだから、創作内の発言まで取り締まるようでは表現の自由がどうのこうの……との見解も呼び込んだが、これは明らかに彼の主観を綴るブログであり日記。差別される人たちの想いを描くために、小説作品として差別する人たちの暴虐性を描くのは文学の役割の一つだと思うけれど、今件をそこに当てはめようとするのは無理がある。

 これで日韓関係が云々、というよりも、そもそも女性をいたずらに陵辱する見識をこうして「いつもの彼の作風」と処理してしまう非道に気づいてすらいないのが、何重にも非道である。筒井が新聞各紙にコメントを出しているが、自分の作品を認知している人にはこれくらい何でもないことなんですけどね、との弁解に終始している。自分の優良顧客は分かってくれる、と宣言して憚らない姿勢に、これまで何作かの作品を読んできたビギナー顧客としても侘しさを覚える。文学の世界に残存する特権性にあぐらをかいた結果がこの発言として表出しているのだとするならば、言い訳もまた真っ先にその特権性にすがってしまっており、情けなくうつる。

 筒井本人のみならず周囲を取り囲む人々からの“これが筒井作品なのだ”との擁護に少しも賛同できない。何重もの差別を孕むこの暴言は、作家の特性に理解を示し、「ちょっと書きすぎちゃったけど……」で受け止める事案ではない。繰り返しになるけれど、筒井ほどの存在でもこういう発言が取り締まられちゃうのねと、言論の不自由を嘆きながら物知り顔で肯定するべきでもない。

 東京新聞の匿名コラム「大波小波」(4月11日夕刊)は「実のところ、像への凌辱は、モデルとなった女性たちになされたことの再現にすぎない。筒井の提案に怖気を抱く者は、そこで思考停止せずに、そもそも像がなぜ作られたのかに思いを致すべきだろう」としているが、これを思考停止だとされては困る。「語るにはふさわしい場所を選べ」で結ばれるコラムの帰結には同意するけれど、差別的な言質を批判する行為を「思考停止」とされ、寄り添って真意を探らなければ表現の自由の規制につながるとの見解を誘発させるべきではない。発言をあらためて振り返って欲しいが、真意を探るべし、というレベルの発言だろうか。

1 2

武田砂鉄

ライター。1982年生まれ。東京都出身。大学卒業後、出版社勤務を経て、2014年秋よりフリー。著書に『紋切型社会──言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、2015年、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)、『芸能人寛容論──テレビの中のわだかまり』がある。2016年、第9回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞。「文學界」「Quick Japan」「SPA!」「VERY」「SPUR」「暮しの手帖」などで連載を持ち、インタヴュー・書籍構成なども手がける。

@takedasatetsu

http://www.t-satetsu.com/

[PR]
[PR]
紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす