ゴシップ

「女、恋愛、最高!」が信条の加藤ミリヤがハマっている“道ならぬ恋”からの略奪狙い?

【この記事のキーワード】
加藤ミリヤ

ミリヤさぁ、本当にその男がいいの?(加藤ミリヤ「どこまでも ~How Far I’ll Go~」)

 現在公開中のディズニー映画『モアナと伝説の海』の主題歌を歌う加藤ミリヤ(28)。2004年にデビューしてから「女子高生のカリスマ」と呼ばれ、主に同世代の女性たちから圧倒的な人気を誇ってきた。現在も、大人になったかつての女子高生たちを牽引し続けるカリスマシンガーとして活躍中だ。

 そのミリヤが、道ならぬ恋に溺れているという。4月11日発売の「FLASH」(光文社)が、ミリヤと恋人・Aさんが伊豆・修善寺にある老舗高級旅館でのお泊り愛をスクープした。あくまで芸能界の人間ではないということでAさんは仮名のままだが、30代後半の料理人で、都内に経営する飲食店はメディアにも何度か取り上げられたことがあるそうだ。顔にはモザイクをかけているものの全身がしっかり写った写真が2枚掲載されており、知っている人が見ればおそらくすぐにそれが誰だか気がついてしまいそうである。ただ、なぜ道ならぬ恋なのかというと、Aさんには内縁の妻がいるから。

 Aさんとミリヤがつきあい始めたのは2年前のこと。当時Aさんには妻子がおり、その時点でミリヤは不倫愛だったのだが、まもなく離婚。ここでAさんがミリヤと再婚したのならまぁよくある不倫略奪愛となるのだろうが、どうやら事態はもっと複雑なようだ。なんと現在Aさんは内縁の妻とその間に生まれた幼い子供2人と一緒に暮らしているのだという。これはいったいどういうこと? 筆者の頭の中はクエスチョンマークでいっぱいになった。

 つまり、こういうことだろうか。Aさんは妻子がいながらミリヤと交際を始めた。おそらくは現在の内縁の妻とも同時に交際をしていたのだろう。そして前妻にバレてしまったのはミリヤとの恋ではなく、内縁の妻との関係だったのではないだろうか? それによりAさんは前妻と離婚。もしかすると内縁の妻はその当時妊娠していたのかもしれない。Aさんはミリヤを選ぶわけにはいかず、そのまま内縁の妻と夫婦同然の暮らしを営み子供をふたりをもうけ現在にいたる。そして不倫二股をかけられていたあげく、現在の内縁の妻に負けた形のミリヤはそれでも変わらずAさんを愛し続けている……。と、あくまでこのストーリーは筆者の想像であり妄想である。ただ同誌記事にあることが事実であれば、少なくともミリヤは、一度もAさんの“本命”(何をもって本命とするかは色々だが、“結婚”をそうだとするならば)にはなっておらず、ずっと不倫相手のポジションにいる。

1 2

[PR]
[PR]
Utopia(初回生産限定盤)(DVD付)