恋愛・セックス

「彼の気持ちがわからない」と騒ぐ愚かな『タラレバ娘』だったあの頃

【この記事のキーワード】
わたしたちは別れ方についてもよく知らないね

不安な憶測は大抵的外れ

付き合う前も、付き合った後も、相手(彼)の行動や言動に翻弄される女性は少なくないのではないだろうか。相思相愛の恋人のはずだけど、相手の言葉の意図がわからない。笑顔の絵文字を使っているけど、本当は怒っている? 連絡がめっきり減った、嫌われちゃった?

少なくとも10~20代前半までの私はそうだった。届いたメールとかデート時の言動を女友達に報・連・相して「これ、どういう意味だろう」と考え込んだり、女(というか自分や女友達)側の常識や認識とズレた言動行動を取ってきた男に対して「はあ? 何それ」「ありえないし~」と文句を言い合ったり。30歳を迎えた今あらためて振り返ると、『東京タラレバ娘』(東村アキコ/講談社)の主人公たち(33歳)がやってることと一緒だ。

で、そういうことを今度は男友達に話してみると……反応はまちまちだった記憶がある(「え、そんなの普通じゃね? 何で怒るの?」となることもあれば「それはちょっとよくわからん(俺にはそういうことしない。だから理解できない)」となることもあったり、あるいは「女はわかんないみたいけど、男的には……」と解説されたり……)。

要するに、相手の気持ちを勝手に推測して(想像力をはたらかせるって意味ではそれは大事だけれど)、落ち込んだり慌てたりすねたり慌しい恋愛をしていたわけだけれど、こういう違和感を「そうだよね、男と女は違うからね~」と雑にまとめられると、「いやそういうことじゃない」と思う。だって男と女だからわかりあえなかったんじゃなくて、別々の人間だから話し合わなければ意思疎通できないのは当たり前だから。

そうなんだけれど、悲しいかな、「男はこういう生き物だから、女子はその特性を知って攻略に役立ててね★」という恋愛アドバイスは本当に多くて、それが結果的に男女の(恋愛における)すれ違いを促進しているように思えてならない。たくさんありすぎてどれにツッコむか迷ったけれど、たとえば4月にUPされている『見逃しがちッ!「夢中な女にしかしない」男のキュン行動3つ』<Menjoy!>

記事の序文には<女性は言葉による意思疎通が得意で、たくさん会話をすることで絆を結ぶ傾向が強いですが、男はその逆です。どちらかというと、自分の気持ちを行動で表現する男は、言葉よりも行動を見た方が彼の気持ちが分かります。(中略)“夢中な女にしかしない男の行動3つ”を紹介することにします!>とあり、最初っから激しく違和感を覚えた。女は~男は~語りはもうテンプレだからしょうがないとしても、彼氏の行動を見ても気持ちなんて全然わからなかったから(あるいは冷静に判断できなくて)、あの時悩んだりケンカになったりしたはずなのだけど……。

1 2 3

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

[PR]
[PR]
東京タラレバ娘(8) (Kissコミックス)