ゴシップ

渡辺謙の愛人の元カレ、親友が出しゃばり!! 不倫ながら「結婚、子供も約束したのに」と被害者面に南果歩も激怒?

【この記事のキーワード】
渡辺謙

隠し子欲しかったんですか?(画像は渡辺謙Twitterより)

4月13日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、渡辺謙(57)不倫の続報を出している。3月30日発売号で、妻・南果歩(53)が居ぬ間に渡辺が元ホステスA子さん(36)と密会を繰り返していることを写真つきで報じた同誌。カメラマンが撮影したものではない10枚以上のプライベートな2ショット写真も入手しているそうで、いかにも恋人同士にしか見えないラブラブショットの流出に、「A子さん、あるいは渡辺、どちらかの携帯電話からデータが提供されているのでは」という見方が濃厚だった。

そして今回、同誌は「A子の元カレ」「A子の親友」という2人の証言者を得て、渡辺謙がいかに非道な男で、A子さんが傷ついたかというストーリーを掲載。この展開から見るに、初期段階から情報の流出元はA子さんサイドだったと考えて間違いないだろう。

「元カレ」は、かつてA子さんが勤めていた大阪・北新地の高級クラブの常連客で、5年ほど交際していたという。ホステスと常連客がデートしたり旅行に行ったりしたからといって、それが真剣交際と言えるのか不明だが、ともかくもこの元カレは、渡辺謙とA子さんが付き合い始めたことによって関係を終えたそうだ。

そしてA子さんが「謙さんとの写真やLINEのやり取り」を見せながら恋愛相談をしていたという親友・B子さんが登場する。いわく、渡辺謙はドケチらしい。A子さんとB子さんは渡辺の主演ミュージカル『王様と私』の公演を観劇後、渡辺を加えた3人で食事をしたが、そこは「すごくリーズナブル」なイタリアンレストラン。かつ、ニューヨークでの公演に「招待された」はずだったのに、ホテル代も飛行機代もA子さん・B子さんそれぞれ自腹。渡辺は基本的に財布を出さず、「新幹線やホテル代は、全部彼女(A子)が払っていた」ため、A子さんは渡辺にとって都合のいい女になっていたのではないか、とB子さんは証言する。

<次のページへ>

<関連記事>

渡辺謙は「もともと変な人」。南果歩家族との同居、模範的な良き夫イメージこそ虚像だった?

南果歩は渡辺謙の不倫グセを知っていた? 闘病中の不倫、イタいプラ写の大量流出にも沈黙

妻の闘病中に不倫に走る…渡辺謙状態の夫に悩まされるガンサバイバー妻たち

1 2

友達以上、不倫未満 (朝日新書)