カルチャー

亀梨和也をストーカー扱いする“クールなサバサバ女子”設定の木村文乃は、つまり常識的な女性ヒロイン/『ボク、運命の人です。』第一話レビュー

【この記事のキーワード】
亀梨和也をストーカー扱いするクールなサバサバ女子設定の木村文乃は、つまり常識的な女性ヒロイン/『ボク、運命の人です。』第一話レビューの画像1

『ボク、運命の人です。』公式webサイトより

4月15日土曜日にスタートした『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系、土曜夜10時)。昔から(1)ジャニーズが主演を務めることが多い(2)メインターゲットは10代、の路線で引っ張っていた日テレの「土9」枠が、今クールからは「土10」にシフトすることになりました。『ボク、運命の人です。』はその第一発目。キャスティングは、亀梨和也&山下智久のW主演に加えて、木村文乃、菜々緒、満島真之介といった顔ぶれです。

亀梨&山下コンビが2005年の土9『野ブタ。をプロデュース』でW主演を務めたのはあまりにも有名過ぎるお話で、メディアでは当然のことながら「12年ぶりのコンビ復活!」と放送前から煽っていました。『野ブタ。』の時、19歳だった亀梨はKAT-TUNに、20歳だった山下はNEWSに所属中の身だったわけですが……ま、12年間には色々ありましたよねぇ。そんな2人も30代に突入しているわけでして、ファンの年齢層も10代女性から20代後半~30代女性にシフトしていることが予想され、だったら夜9時台より夜10時台のほうが見てくれそうかもしれないですね。

三上博史はいないの?

どういうわけだがこれまで恋愛運悪過ぎだった29歳の平凡なサラリーマン・正木誠(亀梨和也)の前に、神を名乗る男(山下智久)が現れ、「あなたには運命の人がいる」のだと告げられるところから始まるラブコメディ。いやー、そう来れば頭をチラついちゃうのが2007年の山P主演の月9ドラマ『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)でしょう。“明日やろうは馬鹿野郎”って言葉流行りましたよね。当時全盛だったmixiのプロフィール欄の好きな言葉にこれ書いていた人いっぱいいたわ。『ボク、運命の人です。』も、イケメンヘタレキャラの主人公の前に神が現れ、恋愛成就を果たすべく奮闘していくという設定が『プロポーズ大作戦』を彷彿させる……って今さら指摘しなくても皆さんやかましくネットでパクり論争(?)されてますけどね。脚本も同じ金子茂樹さんなのでパクりというのも違うんでしょうが。

第一話は、ウォーターサーバー会社の営業マンをしている誠が、静岡から異動で東京勤務になるところからはじまります。誠、とにかく恋愛運・女運ゼロの人生を送ってきたようで、非モテじゃないんだけれど付き合う女性が毎回ヒドい。けれど優柔不断な誠は自分から別れようとも言えず、最終的にはいつも相手が音信不通になってフラれるという恋の結末を迎えてきました。とはいえ、今現在の彼女のことは「運命の女」と誠本人は思っていて、彼女が遊びに来るのに備えて部屋をキレイにし1本1万4千円以上する高級ワインを買っちゃいます(ところで誠が暮らす部屋のインテリアはけっこうオシャレなんですけど、彼のキャラにはイマイチ合わない気がしないでもないです)。

高級ワインを買った誠が意気揚々と部屋に戻ると、そこには謎の男・山Pの姿が。それだけでも十分びっくりするし気持ち悪いし怖いんですけど、謎の男は「運命の女は来ないよ。残念ながら君は騙されている」と誠に告げます。テレビをつけると、誠の彼女が詐欺・恐喝容疑で連行される模様が……。誠の彼女は美人局だったわけです。ショックで愕然とする誠……。「何で俺っていっつもこうなんですかね……。何でこんなに変な女の人ばっかり寄ってくるんですかね……」と、涙ながらに嘆く誠に、謎の男は思いがけないことを言い出します。

謎の男「それはね、出会うべき運命の相手がちゃんといるからだよ。だから運命が君を邪魔して、正しい道にグッと戻そうとしているってわけ」

謎の男のことを誠は勝手に刑事さんだと勘違いしていましたが、謎の男は「神だよ」と名乗りました。誠はふざけていると勘違いして憤るものの、誠のコートのポケットにはいつのまにか身知らぬ女性の写真が……。

謎の男「彼女が君の運命の人っ!!!」

1 2 3

[PR]
[PR]
背中越しのチャンス(初回限定盤1)