恋愛・セックス

花嫁たちの承認欲求が止まらない!「#卒花」「#マタニティフォト」etc.タグのリスクと滑稽さ

【この記事のキーワード】
Photo by amareta kelly  from Flickr

Photo by amareta kelly  from Flickr

 寝る前のインスタウォッチが日課となっている筆者の元にある日、messy編集長からとんでもない情報がもたらされた。「#卒花」タグである。こちらの記事によると、結婚式を控えたプレ花嫁さんたちは本アカとは別に花嫁用のアカウントを作り「#プレ花嫁」「#全国のプレ花嫁さんと繋がりたい」などのタグをつけて準備の様子をアップするほか、結婚式の日のことは「#卒花」タグをつけつつ発信するのだという。

 すぐさまチェックしてみたところ、「#卒花」だけでなく「#卒花嫁」「#卒花しました」「#日本中の花嫁さんと繋がりたい」タグをつけたハッピー投稿がわんさか出てきた。結婚式会場のテーブルコーディネートの写真、料理の写真、会場の写真、花嫁さんのヘアアレンジの写真、結婚式真っ最中とおぼしき、列席者たちの写真、お決まりの夫婦の馴れ初めをまとめたムービー上映の様子……結婚式の日の何から何までがアップされている。新郎新婦のラブラブショットも当然ある。顔を隠していない写真も多く、海辺やチャペルでキスをしていたり手をつないでいたり抱き合っていたりする新郎新婦の数々。すさまじいハッピーオーラに圧倒された。

たぎる闘争心

 女性のハッピーアピールの裏にはマウンティングが隠されていると筆者は考えている。「#卒花」タグ投稿の写真は総じてクオリティが高い。カメラマンさんが撮影した写真がアップされていることも多いようだ。自分がこんなに素敵な結婚式をしたのだ、というアピール合戦を見せつけられ、闘争心を煽られてこのアピール合戦に乗りたくなる「#プレ花嫁」も出てくるのかもしれない。

 エステに通い、最高にかわいいドレスを着て、きれいにメイクしてもらうこの結婚式当日は、確かに女性が一番(見た目的に)輝く日ではある。その日の様子を皆に見てもらいたい、賞賛されたいという気持ちもわからないでもない。その承認欲求のすごさにはただ感動するばかりで、人間とは他者から承認されることでその存在を実感する生き物なのだとつくづく思い知らされる。

ハッピーアピールが滑稽に見えてしまう

 ちなみに結婚~出産という女性の一大イベントに絡んでは結構色々なタグが存在し、筆者は「#卒花」タグを知る前は、「#マタニティフォト」「#ベリーペイント」タグを主にウォッチしていた。とにかくこっちもすごいのである。雰囲気でいえば土屋アンナが出産前に撮っていたハッピーフォトと同じようなノリで、主に白いドレス(というか安そうなチューブトップ+ふんわりスカート)を着た女性がお腹を出して、夫である男性がそのお腹にキスをしていたりするのが定番ポーズのひとつ。水着も多い。夫婦寄り添って夫が妻のお腹を触っているというポーズも鉄板だ。

1 2

ブログウォッチャー京子

インスタウォッチが日課の子持ちライター。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています

@watcherkyoko

ウエディング・フォト マスターBOOK (玄光社MOOK)