ゴシップ

相次ぐジャニヲタ映像流出、繋がり疑惑。ジャニーズ狙いでアイドル活動を頑張るAKBメンバーたちの素直さ

【この記事のキーワード】
市川美織 Twitterより

市川美織 Twitterより

 4月15日頃より、NMB48のフレッシュレモンこと市川美織(23)がカラオケでSexy Zone中島健人(23)のソロ曲「CANDY」を歌っている動画がネット上に流出した。同曲はSexy Zoneのシングル「バィバィDuバィ〜See you again〜/A MY GIRL FRIEND」の初回限定盤Kのみに収録されているマイナー曲であること、市川が歌詞をまったく見ずに熱唱していること、中島ファン特有の合いの手を入れていることなどから、市川にジャニオタ(中島推し)疑惑が浮上している。

 今回流出した動画には、市川の他に元AKB48で4月から兵庫県の独立放送局・サンテレビジョンに契約アナウンサーとして入社した中村麻里子(23)が映っている。中島と中村は同い年で共に明治学院大学出身、Twitterでは2人が大学で喋っていたという目撃情報も上がっていたため、市川はすでに中村を通じて中島と会っている可能性は十分にある。

 といっても、AKBグループにはジャニオタが多く紛れ込んでおり、ジャニーズと繋がるためという目的意識を持ってアイドルになった精鋭までいるという。その代表的な例が18日にグループ卒業と芸能界引退を発表したAKB48島田晴香(24)だ。島田はHey! Say! JUMP・有岡大貴(26)の有名ファンで、有岡の通う高校で待ち伏せしたり、電車で隣に座って写真を撮っていたような“ヤラカシ”だった。

 SNSの裏アカ発覚でジャニオタがバレたAKBメンバーは数知れず、直近では大島涼花(18)がLINELIVEでジャニーズJr.の鈴木舜瑛と会話していたり、2015年10月には島崎遥香(23)がジャニーズJr.安井謙太郎(25)とInstagramで会話していることが発覚。2014年10月には、渡辺麻友(23)がInstagramにKis-My-Ft2・玉森裕太(27)の楽屋の前で興奮して記念撮影している画像を投稿していたこともある。

1 2

ジャニヲタあるある+(プラス) (青春文庫)