ゴシップ

嵐・二宮和也「結婚はした方がいいと思ってる」発言…仰天の「人妻専門」性癖も

【この記事のキーワード】
この姿も虚勢なのか…?

おなかぽっこり。

 ジャニーズ事務所所属のタレントたちは、恋愛こそ自由なものの、こと「結婚」となるとファン離れを懸念してか禁止されているという印象が強い。30~40代になっても、いや、不惑を過ぎてもなお彼らは「アイドル」なのだ。中でもここ数年もっとも高く安定した人気を誇っているのが、アラサー5人組・嵐。今年もNHK紅白歌合戦の白組司会を務めることが決定しており、勢いはまったく衰えない。

 その嵐でも特に俳優としての評価が高い二宮和也(30)が、結婚願望について語ったとファンの間で話題になっている。二宮が発言したのは、自身がMCを務める冠バラエティー番組『ニノさん』(日本テレビ系)の24日放送回だ。この日の放送で、「恋愛できない若者が増えている」という話になると、二宮は「俺はね、結婚は最近はした方がいいと思ってる」と明言。二宮には2歳年上の実姉がいるが、「姉が結婚するとは到底思えない。だとすると、自分の親に孫を見せられるのは自分かなと考えると、もうなんか見せたくなってきちゃってますよ」と、“親孝行”という目的での結婚および子作り願望を吐露していた。

 二宮の姉にとっては失礼な話だが、もともと女性に依存するタイプではなく、女性誌のインタビューで「結婚に夢を抱いていないし、まして、それは人生の目的でもない」と言い切るなど結婚願望もゼロに等しいと公言してきた二宮だけに、この発言はファンにとっては衝撃。ただ、どうやら思いつきで口にした言葉でもないようだ。というのも、今年4月にも二宮はラジオ番組で「結婚は、した方がいいんじゃないですかね」と話しており、30歳を迎えるにあたって、急に「結婚」が現実味を帯びてきた様子だ。

 となると、その「お相手」もすでに本人の中ではある程度固まっているのだろうか? 二宮といえば、ドラマで共演したアイドル・椎名法子との熱愛(熱烈なキス写真まで流出!)や、長澤まさみとの交際、そして近年は佐々木希との半同棲を報じられてきた。普段、バラエティ番組などで見せる姿からは、好きな女性に夢中になる二宮の姿など想像しづらいが……。かつて二宮と「付き合ってはもらえなかったけど、そういう関係になったことはある」という30代既婚女性によると、「どんなに浮気をしても体だけの遊びで、本命彼女とは長く続くタイプ」だという。

 別の女性ライターいわく、「ああ見えて性欲は旺盛で、俺は人妻専門、と豪語していたこともあるくらい。人妻や彼氏持ちの女の子の方が、自分に本気にならずに後腐れなく遊べるという意図のようです。実際に関係した知人女性に聞くと、セックス自体は淡泊だったそうですけど。とはいえ、結婚して親に孫の顔を見せてあげたいと言い始めたということは、もうそういう遊びもやめて一途に想っている女性がいる、ということなのかもしれませんけどね」。

 仕事などでヘコむことがあっても、女性に支えてほしいとは思わず、家事も自らこなすため、これまでは「結婚のメリット」を考えたことがなかったという二宮。今もまだ、具体的な結婚生活は「全く想像できない」というが、佐々木希との交際発覚時は、「ほとんど毎日一緒にいる」という証言もあり、実はこれらの発言は虚勢で、案外ベタベタしたいタイプか? しかし冒頭で記したように、「遊びはOKでも結婚は厳しい」ジャニーズ。ましてトップアイドルの嵐メンバーとなれば、結婚のハードルは相当高そうだ。そのハードルを飛び越え、事務所幹部に頭を下げてまで「この女性と結婚したい」と二宮が本気で思う日が、いつか来るのだろうか。
(犬咲マコト)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

幸せな結婚の法則―運命のパートナーと結ばれる (bio books)