ゴシップ

不倫エロLINE暴露で謝罪のトータルテンボス大村、過去にもガールズバー店員と浮気していた

【この記事のキーワード】
トータルテンボス大村朋宏‏Twitterより

トータルテンボス大村朋宏‏Twitterより

 愛妻家キャラでバラエティに出演することの多いトータルテンボスの大村朋宏(42)が、21日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)で不倫LINEを公開され、謝罪した。21日、沖縄で開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』内のお笑いステージに出演した大村は「お騒がせして申し訳ございませんでした」と頭を下げ、相方の藤田憲右(41)は観客席に同誌の誌面を見せながら、流出したLINEの文面も朗読するなど笑いのネタにした。すでに妻には謝罪、許してもらったそうで、「もうこういうことがないように精進して頑張っていきたい」と話している。

 「フライデー」では、大村のファンだった女性・A子さん(23)が、1年半不倫関係を続けていたことを暴露。なぜ同誌に喋ったのかというと、A子さん側の不注意で不倫関係が周囲の人間にバレて噂になってしまい、大村が彼女を「悪魔」「(嫁にバレたら)あの世で呪う」となじったから。A子さんは“大村の心無い暴言に、現在も精神的に参っている”そうで、涙ながらに同誌記者に顛末を打ち明けたのだという。

 それにしてもスクリーンショットを掲載されたLINEの内容はエグい。A子さんの自宅で逢瀬をかわしていたようで、「(A子さんの家に)ピンクローターを置いておこうぜ」と大村が発言したり、A子さんが「おむ(=大村)のもの体内にいれたいのっ笑笑笑」と精飲を希望していることなどがセキララに綴られている。よりにもよってその会話を切り取るとは……と、大村も驚いたかもしれない。

 大村は、2006年4月に結婚を発表。同年11月に長男、2014年5月に次男が誕生している。テレビ番組では愛妻家キャラをウリにしており、自宅や家族を紹介していた。ゆえに今回の不倫発覚はやや痛手である。同誌の直撃に、大村はA子さんとの肉体関係を認め、「火遊びのつもりでした。本当に反省してます」とコメント。一度や二度ならともかく1年半にわたり関係を持っていて「火遊び」というのも説得力がない。それに、大村にはA子さん以前にも“火遊び”経験がある。

1 2

[PR]
[PR]
漫才ベストライブ「しのびねぇな。かまわんよ。」 DVD