カラダ・美容

挿入時にヒリヒリ痛い! 婦人科はしごでやっと気付いた、「膣前庭」の炎症

【この記事のキーワード】
【完成】挿入時にヒリヒリ痛い! 婦人科はしごでやっと気付いた、「膣前庭」の炎症の画像1

Photo by DualD FlipFlop from Flickr

 こんにちは。デパートのトイレに入ったとき、お隣さんがずーっとシャワー(もしくはビデ)を当てていた模様です。洗いすぎ禁物ですよ、大根 蘭です。

 セックスのとき、挿入時に痛みを感じるなど「性交痛」に悩まされたことのある女性は多いようです。病院に行っても明確な原因がわからないために、セックスが怖くなってしまうケースも少なくないようです。友人にも数カ月間にわたって、性交痛に悩み、セックスが苦痛になった女性がいます。痛みの原因を突き止め、解決した友人の話をお伝えしたいと思います。

 友人は、付き合いはじめた彼と初のセックスの際、「挿入時やピストンをすることでヒリヒリと痛みが襲ってくる」「動きが止まると痛みがなくなり、再度動くとまた痛む」と言っていました。ビラビラ(小陰唇)部分とクリトリス付近に感じる痛みだったようですが、今まで挿入時に痛む経験はなかったため、彼とのはじめてのセックスで緊張からくるものだと思っていたそうです。日常生活には支障(痛み)はなかったようですが、その後も毎回(計5回)のセックスで同じ状況のため、「彼のちんこが合わないのかも」「彼が性病を持っているのかも」と不安で頭がいっぱいになり、セックスすることが怖くなってしまったといいます。

診断結果「膣の洗いすぎ」?

 不安になった彼女は婦人科で症状を説明し、性病検査を受けたところ、性病の心配はなく「膣の洗いすぎじゃない?」と診断されたそうです。確かに、膣の洗いすぎが原因で炎症を起こしてしまうケースはたくさんあります。でも、膣を洗いすぎてカンジダ膣炎になってしまったことのある彼女は“洗いすぎ”にはひと一倍気をつけていました。納得がいかず他の婦人科に診察を受けに行きますが、同じような回答だったようです。4件目に訪れた婦人科ではじめて、炎症を起こしている陰部の名前と病名を聞くことになります。

「“膣前庭”の炎症……“誘発性膣前庭炎”だね」

膣前庭(ちつぜんてい)の場所

 聞き慣れない名称だと思いますが、どの部分かご存知ですか? クリトリスから膣の入口までの小陰唇に囲まれた部分で、普段はピッタリとくっついた小陰唇の内側にあります(小陰唇を広げないと見えない部分)。

【完成】挿入時にヒリヒリ痛い! 婦人科はしごでやっと気付いた、「膣前庭」の炎症の画像2

赤い部分です。

陰部は全体的にデリケートな部分ではありますが、「膣前庭」は粘膜状で常にしっとりと湿っている場所で、体温であたたかく湿っているため、細菌が繁殖しやすい部分。生理中は月経血により蒸れやすいのでかゆみの原因にもなりやすい、とってもデリケートな部分(お風呂ではお湯をかけ流す程度でOK)。

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
プレペア30本入り【注入式膣潤滑剤】