インタビュー

「セックスは気持ち悪い行為だと思ってたし、今も挿入に興味はない」109cmのAV監督・にしくんインタビュー

【この記事のキーワード】

 

 

にしくんのプライベートを知りたい!

にしくんのプライベートを知りたい!

昨年の10月にSODの専属AV監督(1年契約)になることを発表した、「日本一小さいAV監督」にしくん(24)。昨年12月にリリースした1作目から、月に1回のペースでAV作品を発表しています。

 彼の身長は109cm。理由は難病にあります。3歳のとき小児ガンを発病したにしくんは、抗がん剤や放射線治療などを施し翌年に完治したものの、今度は6歳のとき、身長が伸びていないことに気付き検査を受けて「ムコ多糖症モルキオ病」との診断を受けました。骨が伸びない上に変形し、車椅子の生活になる可能性もある進行性の難病です。しかし7歳で「ハイリスクな上に効果がない」と言われるも骨髄移植を受けたことが奏功し、以降は病気の進行が止まっています。

 自らアダルト業界の道を選んだ彼の学生時代は、ひたすら人に会うアクティブな日々でした。一方で、セックスを「気持ち悪い」と感じ、今でも挿入シーンに興味がないと語るにしくんが、なぜAVを撮るのか?

◆前編はこちら⇒109cmのAV監督・にしくんはなぜAVを撮るのか「障害者のエロはタブーではない」

関節は柔らかいし、外れやすい。色々と普通じゃない

――AVで絡みの撮影をするにあたって、体に負担がかかることはないのですか? 関節が外れやすい等の症状があるのでは……と。

にしくん 確かに僕の関節は柔らかいし、外れやすいし、色々と普通じゃないと思います。作品中の絡みでも、どっかで何かあるかもしれないけど、それはその時考えます。今のところは大丈夫。

――ご両親は体のことは心配されていない?

にしくん 連絡取ってないんですよ。3年前、家出のように実家を飛び出しちゃったので。妹とはたまに連絡を取り合っているので、家族も僕の居所はわかっていると思うんですけどね。父親は何でもネットで調べる人だから僕が今何をしているか知ってると思うけど、連絡は一切取っていません。母親はネットには疎いから、ある程度勘づいてるかもしれないけれど、調べてはいないと思います。うーん、どこまで知ってるのかわからない。

――家出してたんですね……無事だということさえわかれば、少なくとも安心だと思います。一人暮らしで、生活の不便を感じることはないですか。

にしくん 家の中は全然。外出時も、基本的には誰かに声かけてお願いすればどうにかなることばっかなんで。でもひとつだけ、コンビニのATMはよく行くんですけど、操作画面に手が届かないです。下から見上げて少し影が見えるんで、なんとなくここにこの言葉が書いてあるだろうっていうのを勘でとらえて、皮とかゴム製品のものを使って画面を操作していますね。

――勘で!?

にしくん 感覚ですね。「引き落とし」と「振り込み」くらいの場所は、覚えているので。だから、他は何が書いてあるのかわからないけど、この2つをわかっていればいいかなって(笑)。

――1作目の撮影終了後の打ち上げシーンでお酒を飲まれていましたが、お酒はよく飲むんですか?

にしくん 飲んで大丈夫なのかはわからないけど、健康診断ではとりあえず異常なしなので、なんでも飲みますね!ビール、ハイボール、テキーラ、シャンパン、ウイスキー、日本酒、焼酎……酔いますけど、小さい体の割には飲めます。

1 2 3 4

ちいさくなったボクと、憧れの同級生JK DVD