恋愛・セックス

坂口杏里が狂うのもわかる! 約1年ホストクラブに通い続ける昼職OLの記録

【この記事のキーワード】
Photo by Martin Dubé from Flickr

Photo by Martin Dubé from Flickr

 AV女優のANRIこと坂口杏里容疑者(26)が、知人ホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂容疑で逮捕されました。

 以前から、ホストクラブに通っていると噂されていた坂口容疑者。AV女優に転向した理由もホストクラブで出来た“掛け(ツケ)”を払うためだったとも言われています(本人はTVで否定していたけども)。

 ホストクラブのヘビーユーザーを“ホス狂い”と呼ぶ文化があったりしますが、おそらく坂口容疑者もその一人だったのでしょう。

  にしても、ホストに“狂う”ってすごい言葉ですよね。でも、実際に通ってみるとなんとな~く、その感覚がわかるような……? そうなんです、杏里ほど狂ってはないけど、私も気づけば約1年、ホスト通いをしてしまっている“姫”なんです。

昼職OLがホスト通いをはじめたきっかけ

 そもそも私は、アニメやゲームが好きなオタクです。そして、職業はただのOL。夜の世界風に言うと、“昼職”ですね。ホストとは無縁だと思っていた私ですが、ある日、とあるバーで出会ったソープ嬢のお姉さんから「ホスト行ってみない?」とのお誘いが。当時、とあるウェブメディアが面白おかしくホストを取り上げた記事を見て、なんとなくホストに興味を持っていた私は、そのソープ嬢の誘いに乗ることにしました。

 そして、はじめて訪れた歌舞伎町の某ホストクラブ。そのソープ嬢が言うには、ここは有名店とのこと。たしかに店内は広いし、内装もきらびやか。ホストってなんだか怖いイメージがありましたが、話をしてみると案外普通のお兄さんって感じだし、話を盛り上げてくれるホストとの会話はなんとなく楽しかったです。あとどのホストがついても軒並み良い匂いがしたのは、よく覚えています(笑)。その日は初回料金の数千円を払って、店を後にしました。

 はじめてのホストクラブの感想は「なんだか、楽しかった!」という漠然としたもの。特定のホストにハマると言うよりは、ホストクラブの非日常感や雰囲気に魅了されたという感じでしょうか。そして、その時点で「また行ってみたい」と思っていました。チョロすぎる!

 ホストクラブの初回では、最後に送り指名というものをします。私が指名したのは、「なんだか雰囲気が独特な人だな」と感じたSというホスト。今も指名し続けているホストですが、正直どこが好きかと聞かれると、具体的に答えることはできません(笑)。うん、直感で、本能で「しゅき♡」って思った……ってことにしとこう!!!!!

 そして、初回から数週間後、私はソープ嬢と共にまたホストクラブに行っていました。2回目からは、価格が初回料金の数倍になります。基本の料金に缶もの(淡麗やカロリなど)を数本頼んで、だいたい3万円くらいの金額だったでしょうか。

 ホストクラブと言えば、高い酒を煽られるところだというイメージがあるかと思いますが、一概にそうでもありません。飲み方次第で、ある程度金額を抑えることができます。ま、まあ、3万円という金額も一般的に考えたら高い金額だけど(白目)!! でも周りの姫がそれ以上に使っているんで、安いほうって感覚になってしまっているのかも。こわい。

1 2 3

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

[PR]
[PR]
1億5千万円の恋 ホストに恋した4年の日々