ゴシップ

セレブ婚を果たしたアンミカの幼少期貧乏エピソードが壮絶すぎる!!

【この記事のキーワード】
「Bittersweet Memories-AHN MIKA Acoustic Cover Collection-」 ファー・イースタン・トライブ・レコーズ

「Bittersweet Memories-AHN MIKA Acoustic Cover Collection-」 ファー・イースタン・トライブ・レコーズ

 芸能界には、幼少期の貧乏エピソードをウリにするタレントというのがしばしば存在する。“ホームレス中学生”で大ブレイクした麒麟の田村裕や、貧乏家族トークで笑いをとる中川家、最近では森口博子も極貧時代をよく回顧しているが、『ヒルナンデス』(日本テレビ系)でお馴染みのモデルタレント・アンミカ(41)の貧乏時代は、彼らを軽く凌ぐ勢いだった。

 アンミカは、森口らと共に26日放送の『踊る! さんま御殿』(日本テレビ系)に出演。この日の放送は「昔、貧しかった芸能人SP」だったが、他の出演者を大きく引き離すアンミカの貧乏エピソードが凄まじかった。

 まず、子供時代に暮らしていた家が、「家」ではなかった。韓国・済州島出身で大阪育ちのアンミカ。彼女が育ったのは6畳一間のアパートですらなく、他人の住む長屋の“2階部分”だったという。生活空間は4畳一間で、そこに家族7人(両親とアンミカ含む兄妹5人)で眠る。玄関は共有、トイレや風呂も共同で、家主が留守にしている間にささっと入っていたという。

 まるで物乞いのような行動をしたことがあるとも明かしており、たとえば、夜中の3時にリュックを背負いビニール袋を持って3駅ぶんほど歩き、子供たちだけで青果市場へ。すると、朝の市場で売れ残ったフルーツや傷んでいる品物を、市場の人々が恵んでくれたのだという。しかしスイカは傷みにくく分けてもらえることがなかったため、「スイカを食べるのが夢だった」そうだ。一度だけ、親戚が正月にスイカをくれ、食べる機会があったが、そのときの味を忘れられず「スイカ食べたい」というと、親が取っておいたタネを出し、「しゃぶったらスイカの味がするから」ということで、そのタネをずっとしゃぶっていたという。そのときのスイカの皮の白い部分は、体を洗うのに使用していたとも。まさに極貧生活だ。当然、テレビもなかった。おまけに、アンミカ一家の住んでいた家は2度にわたって全焼。不吉な何かがまとわりついていたとしか思えない。

 しかし、アンミカの母親は美容部員として働いており、アンミカがモデルとなったきっかけも母親の言葉が大きかった、と過去に彼女はインタビューで明かしている。現在は174cmと長身の彼女だが、幼少期は兄妹たちの中で彼女だけ背が低く、体格もぽっちゃりしていた。また、階段から落ちて顔に大けがを負ったこともコンプレックスに拍車をかけた。しかし母は彼女に「ミカちゃんは手足が長いから、将来モデルさんになれるかも」と言い、いつも励ましてくれたという。

 その母は彼女が中学三年生の時にガンで亡くなってしまったが、その後も兄妹たちと力を合わせて家計を支え、高校へ行きながら早朝の新聞配達やパン屋のバイトなどをしていたというアンミカ。在学中にモデル事務所に登録し、卒業後に単身パリへ渡り、直談判で数々の仕事をつかみとってモデル活動の基盤を築いた。本人いわく、「すごいしつこい性格でダメと言われてもあきらめない」という根性があったからこそだろう。昨年7月には、エンパイアエンターテインメント社社長のセオドール・ミラー氏と結婚。父親もすでに逝去しているが、自らの力で幸福な生活を手にした愛娘の姿を誇らしく思っているのではないだろうか。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

もう周りにふり回されない! 自分史上最高の幸せを呼びこむ方法