連載

AKB小嶋陽菜の接待現場に遭遇。未知の世界・愛人の掟とは?

【この記事のキーワード】

 短期集中連載:愛人の掟

Photo by Jason Christopher from Flickr

Photo by Jason Christopher from Flickr

 東京大学に現役合格し、赤字であった子会社を立ち上げたところから42歳の若さでの社長就任という輝かしい経歴を辿る。しかし総額106億8000万円をマカオのカジノで負け、その借金を返済するために子会社から不正に金を借り入れたことで逮捕された、大王製紙の井川意高(もとたか・49)前会長。

 懲役4年の実刑判決を受け現在服役中だが、今月15日に『熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録』(双葉社)を出版。同書では彼の破滅に向かっていく経緯がこと細かに記されているが、それ以上に芸能人たちとの交友関係を赤裸々に明かしていることで発売前から注目を浴びていた。

 同書をめくってみると、なんと芸能人たちの実名のほとんどが明かされている。その数は30名以上にのぼる。

 井川氏は20代後半から常連だったという西麻布のバーで、連日のように芸能人と知り合った。市川海老蔵、宮沢りえ、石田純一、山下智久、GACKT、天野義久、元AKB48の大島麻衣、加藤ミリヤ……。少し名前をあげるだけでもいろんな意味で大物ばかりである。

 是非読者のみなさんにもこの懺悔録を読んでみてほしいのだけど、私が興味深かったのは「国民的アイドルグループ」の元メンバーの二人(当時高校一年生)と西麻布で知り合い、一万円ずつタクシー代を渡すと連日のように連絡が続いたというくだり。

 2年前、私が実際に西麻布の会員制バーで遭遇したことがある「国民的アイドルグループ」のメンバーのことを思い出した。AKB48の小嶋陽菜だ。

 二人のオッサンに挟まれ、長い脚を組み替えて楽しそうに笑う彼女の自信に満ち溢れる表情を思い出した。

 実は私、アイドルは好きだけどAKB48が好きではないのよね。あんなに大勢の女が集まって同じ服を着てキャピキャピしていると虫唾が走るのよ。頑張っている姿は認めるし曲も素敵だけど、どうしても生理的に受けつけない。女子高生が同じ制服を着て大人数で固まっているのも学生時代から嫌いだったので、私はいわゆる「女子グループ」のどこにも所属していなかった。クラスや部活を問わず、遊びたいときに遊びたい友人の輪に自由に出入りしていた。

 さて、国民の大半を敵に回したところで、当時の私は「これが噂の接待中ってやつかしら?」と思うくらいにして、その席をまじまじと見ることはしなかった。そのバーで働く店員も小嶋陽菜であることを認めていたので、彼女には間違いなかったであろう。

1 2

アスモデウス蜜柑

好奇心旺盛な自他共に認める色欲の女帝。長年高級クラブに在籍し、様々な人脈を得る。飲み会を頻繁に企画し、様々な男女の架け橋になり人間観察をするのが趣味。そのため老若男女問わず恋愛相談を受けることが多い。趣味は映画鑑賞で週に3本は映画を見る。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

愛人志願のオンナたち (DIA COLLECTION)