連載

事務所に直訴した唯一のグループ・Hey!Say!JUMP「いばらの道で不安だった」

【この記事のキーワード】
山ちゃんハピバ☆

山ちゃんハピバ☆

 皆さん、ごきげんよう。アツこと、秘密のアツコちゃんです!

 亀梨和也くんと山下智久くんが出演している土曜ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)の主題歌「背中越しのチャンス」のMVが完成して、情報番組などで紹介されたでしょ。5月17日のリリースが待ち遠しいファンのみんなのテンションをあげてくれたけど、それといつも隣り合わせで紹介されるのが2005年11月にリリースされた修二と彰の「青春アミーゴ」。亀ちゃんが19歳、山Pが20歳という12年前の若かりし姿も一緒に見れて得した気分だけど、当時、2人の間で踊っている可愛い少年がいたのは知ってるわよね? そう、まだジャニーズJr.の一員だった12歳の中島裕翔くんです。

 「青春アミーゴ」は同局人気ドラマ『野ブタ。をプロデュース』の主題歌で、裕翔くんは亀ちゃんの弟役を演じていた縁もあったんだけど、まだ身長も小さいし中身もピュアで、本当の弟のように可愛がられていたわ。MVのダンスレッスンでも怒るとめちゃくちゃ怖い名物振付師さんにビシバシ叱られながらも、音を上げずにしっかりついていって、大先輩の亀ちゃんや山Pの前をやむを得ず通らなくちゃいけなくなった時は、誰に教えられたわけでもないだろうに、体をかがめて頭を下げながら足早に通っていく姿を見て、「何て出来た健気な12歳なんだろう!」と感心したものよ。ご両親の育て方がよかったのかなと思っていたんだけど、お母様は「金髪のヤンママらしいよ」なんて噂があって、送っていくスタッフがよく「確認してくる!」などと盛り上がるなど、裏では裕翔ママの話題がよくあがってたけど(結果、金髪ではなかったとの報告あり)、当時はマネージャーさんがついてるわけでもないので、スタジオやロケ地にも東京郊外の実家から電車を乗り継ぎひとりでやって来ていたわ。

 大人だったらタクシーを使う距離も徒歩移動で、まだあの頃は地図アプリなんかなかったから、汗だくになって辿り着く姿を見て「どうやって来たの?」と尋ねると、「台本に書いてある地図を見ながら歩いてきたんだけど、途中から不安になって走ってきた」なんて答えてて、もう可愛さはハンパなかったわ。今じゃ身長も180cmを超えて(公式プロフではあえて170cm台にしているけど、正確に測ると180cm超えなんだって)、Hey!Say!JUMPが結成&CDデビューをしてから早くも10年。23歳になった裕翔くんは立派な大人になったけど、相変わらず優しくて礼儀正しくて、謙虚すぎる青年です~。

1 2 3 4 5 6

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。無性にピンクの花が好き。

Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.(通常盤) DVD