連載

産後のダイエットは「お母さんなのに…」と非難されるような愚行?

【この記事のキーワード】
(C)messy

(C)messy

女性にとっての「妊娠」「出産」は命がけ。医療技術の発達した現代日本においても、10万人中4人という割合で命を落とす妊産婦がいる(厚生労働省資料)。妊娠中の経過や、いよいよ出産という時にだって、何が起こるか分からない。だから、「子宝に恵まれた」といって四六時中ハッピーな気分で過ごせるわけじゃない妊産婦もいるだろう。

ホルモンバランスの乱れや、すさまじいスピードで変化していく身体についていけずイライラしたり鬱状態になることだってあるのに、無事に母子共に健康で出産まで至ることができるのか……という不安とも闘わなければならない。無事に産まれたら産まれたで、今度は疲弊した身体をフル稼働させ新生児を生かすため奮闘する日々が待っている。

妊娠・出産は、肉体に大きなダメージを与える。見た目がどうこうだけじゃなく、体内がズタズタになる。

妊娠から出産に至るまで、体型が一切変化しない女性などは皆無。3~4kg程度の命をお腹に宿し、10カ月近くの期間、お腹の命に血液や栄養を届けるための機能も備えるため、体重は10kg前後増加する。

子を守るために脂肪(特にお腹まわり)を蓄えやすくなり、多かれ少なかれむくみだって生じる。大きくなったお腹を支えるため、骨盤の状態も大きく変化する。

これだけのことが起こっているのだから、赤ちゃんを産んで羊水を出しきったら萎むように「はい元の体型!」となるハズはない。
どれだけ強く意識して行動しても、元通りの肉体になることはありえないが(不可逆)、それでも多くの女性にとって、産後の体型戻しは大きな課題だ。

体重だけに着目するのであれば、妊娠初期につわりがひどく体重が激減した産婦などは、産後すぐに体重が非妊娠時と変わらない程度まで落ちる、もしくは妊娠前より下回るというケースもあるようだ。

また、妊娠中の徹底的な体重管理を行った産婦や、元々脂肪を蓄えにくい体質の産婦もいて、出産して「赤ちゃん」「羊水」「むくみ」が体内からなくなれば体重は元通り……という人も少数ながら存在する。

ただし、それはあくまでも“体重”の話だ。そういった人達でも骨格の変化や筋肉量の低下はどうしたって避けられない(体型の変化は否めない)。単純に加齢による変化もあるだろうが(これもまた不可逆)、妊娠・出産の約1年で一気に変化に見舞われるのは精神的にもキツイものがある。

子供を産んで母になったらもう美しさなどどうでも良い、体型などどうでも良い、と考える人はいるかもしれないが、一方で「女性の外見的な美しさ」を評価する目線は社会の側にびっちり蔓延っていて、逃れることが難しい。結婚により恋愛市場の評価のまなざしから逃れて、出産によりいっそうその場所から遠ざかることに成功したとはいえ、今度は「ママでもキレイ」的な圧が襲ってくる。

そして、これは大きな矛盾だが、「ママでもキレイ」でいることを、「手抜き子育て」「子供より自分を優先している」と捉えて非難する勢力も強い。未婚時代にそれをいかに追求しようとも誰も否定しなかったのに、「妊娠」「出産」した女性がそこ(美)を求めると否定されがちだ。

妊娠や出産をした有名人がブログでダイエットに勤しんだり、一般人でも質問サイトなどに「綺麗になりたい」という旨のことを書けば、たちまち「あなたのことより赤ちゃんを最優先に!!」とお約束の否定的なコメントが並ぶ。逆に、妊娠・出産を機に第一線から姿を消していた女性有名人などが、以前よりふくよかな姿だったり、地味めな姿でマスコミ前に登場しようものなら、「本来こうあるべき!」とでも言いたげに称賛に近いコメントが並んだりもする。

たとえ芸能人であろうとも、太り、体型が崩れ、華やかさを失った状態が立派な母親だとみなされるとは……。なりふり構わず、髪を振り乱して育児にかかりきりになることが、良い母の手本であるかのようだ。

1 2 3

小出 愛

1981年生まれ、学生時代から10年以上スポーツ一本、卒業後はスポーツトレーナーとして第一線を志すも、いろいろあってパチ屋店員に。そこで旦那と出会い、結婚、2016年に第一子出産。プロレスは知らないけど猪木が好き。ママ友ヒエラルキーには入りません。

ワコール Wacoal 産後ガードル (ロング丈) シェイプマミーガードル マタニティ 64 BL MGR378 産後1ヶ月頃~