連載

【官能小説】セミダブル千夜一夜/第一夜 海に向かってオナニーする王様

【この記事のキーワード】
(C)河井克夫

(C)河井克夫

 しぇー子とは、友人の作家の出版記念パーティで初めて会った。奥二重で切れ長の目の上に大きく垂れた下がり眉がすごく俺のタイプだったので、友人にせがんで紹介してもらって一所懸命話しかけ、なんとか二人で飲みに行く約束を取り付け、そしてなんとか今夜、俺の一人暮らしの1DKに連れてくることができた。しぇー子というのは変な名前だがもちろん本名ではなく、何かというと「しぇー」というのが口癖なのでそう呼ばれるようになったとのことだった。その「しぇー」は、あの有名赤塚キャラの放つテンション高めの「シェー!」ではなく、厚めの濡れた唇から吐息交じりで漏れるような「しぇー」だったので、飲み屋での会話の中で、初めてそれを聞くことができた俺は、それだけで軽く勃起した。

 家に着き、寝巻き代わりに Tシャツとスウェットを渡すと、しぇー子はバスルームに着替えに行き、やがて、それまで着ていた服を抱えて出てきた。Tシャツに描かれたバンドのロゴがしぇー子の大きな胸に乗っかって、ゆがんでいた。しぇー子は軽く畳まれた自分の服を、入ってきたときに部屋の隅に置いたトートバッグの上にぽん、と乗せ、そして、俺の仕事場兼寝室である部屋の半分を占めるセミダブルベッドの、シーツの間にその体を滑り込ませた。枕の上に広がった髪の匂いが俺の鼻に届いた。すでに自分もスウェットに着替えていた俺は、反対側からシーツに潜りこむと、そのまましぇー子に覆いかぶさりキスをした。唇を離したとたん、そこから「しぇー」という声が漏れた。Tシャツの上からしぇー子の胸をまさぐった。Tシャツ越しに乳首の形がわかった。

 途端に、しぇー子は、俺の手を払いのけると、自分の胸を手でかばい、「だーめ。」と言った。かまわずその手の下に、俺の手をもぐりこまそうとするが、しぇー子のその軽い口ぶりにそぐわず、胸の前でクロスした腕の力が存外に強い。

「え、なんで?」

「だって、笹王さんとは、そういう関係じゃないでしょ?」

「今からそういう関係になろうかと。」

「うーん、そういうことも今後あるのかも知れないけど、今日はだめ。」

「えーじゃあなんで今日うちに来たの?」

「眠かったし、家帰るの面倒だったから。あと、笹王さんの家に興味あったし。」

「俺には興味ないの?」

「あるよ、もちろん。」

「じゃあ。」

「だめだってば。」

「キスはいいの?」

「いいってわけじゃないけど、いきなりされたから。」

 俺の手はしばらくしぇー子の体の上をさまよったが、しえー子の体は抵抗し続けた。俺は諦めて、しぇー子から体を離した。

「わかった。今日はいいや。寝よう。」

「怒った?」

「怒ってはないけど。無理やりするのもやだし。」

「ごめんね。おやすみなさい。」

「おやすみ。」

 怒ってない、という意思を表明するために、俺はしぇー子にもう一度軽いキスをした。今度は「しぇー」は出なかった。俺はしぇー子の隣に自分の体を横たえ、目をつぶった。

 しばらくして、しぇー子が矢庭に「ねえ、お話、して。」と言った。

「お話?」

「うん、なんでもいいから。」

「眠いんじゃなかったの?」

「目、覚めちゃった。さっきので。」

「じゃあ。」しぇー子の体に手を伸ばすが、「それはダメ。」とブロックされ、「笹王さんのお話聞きたい。」となおも言われた。

 俺は少し苛立った。この女は明らかに俺を翻弄しようとしている。怒ったほうがいいのかもとも思ったが、しぇー子の下がり眉を見て、自分に怒る気が全くないのにも気づいた。

「お話かー。」

 俺は、半ばヤケクソのような気持ちになり、その場で考えたデタラメな話を語り始めた。

1 2

バーキン滝沢

ライター。3度の飯より占いが好き。牡羊座、四緑木星の水星人マイナスです。

河井克夫

漫画家、イラストレーター。官能小説の挿絵を描くのが夢だったので、ご指名いただいて光栄です。近著「女神たちと」「久生十蘭漫画集」(ともにKADOKAWA刊)

twitter:@osuwari

女神たちと<女神たちと> (ビームコミックス) 久生十蘭漫画集 予言・姦 (ビームコミックス) ニャ夢ウェイ