カルチャー

【エロメン☆タイム】一徹の切ない恋心に胸キュン! 残業中に「寂しい時は俺を頼って…」/女性向けAV

【この記事のキーワード】
『7LOVEs 』

7LOVEs

 一徹のSILK LABO×GIRL’S CH・W専属第4弾。そして、先日卒業を発表した渡部拓哉の最後の作品『7LOVEs 』がDMM.comにて配信されています。2人以外にも、有馬芳彦、北野翔太、麻生蛍太、浅井陽登、菅田陸斗と豪華メンツが勢揃いした大作ドラマです!

 2016年8月31日の海で偶然出会った藤堂誠司(一徹)、真咲信二(有馬芳彦)、天地光太郎(北野翔太)、青木千春(麻生蛍太)、一ノ瀬純(浅井陽登)の5人。全員がフリーだったため、別れ際に「クリスマスにもう一回会う」「誰が一番可愛い彼女を連れて来るか勝負しよう!」という約束を交わし、それぞれが再会の日までに奮闘するという物語です。早速見てイキましょう!

【前回までのレビューはこちら】
・第一話:一徹、有馬芳彦、北野翔太…エロメン5人が浜辺でわちゃわちゃ!
・第二話:一徹の荒々しいセックスに生唾! 思いを寄せる元カノとの激しい一夜
・第三話:浅井陽登のイチャラブセックスが可愛い! 激甘プレイに注目
・第四話:有馬芳彦が髪をセットしてあげて、北野翔太が無邪気に甘える…濡れどころ満載の大作AV
・第五話:「まず俺としてみる?」有馬芳彦の“こなれ感”に濡れる!

 まずは光太郎。酔って帰ってきたマオが突然キスしてきたものの、そのまま眠ってしまった事件から一夜明けた朝。ソファで目を覚ましたマオは、その隣で眠っていた光太郎に「昨日さ、私に何もしてないよね!?」と確認するも、「俺はしてないよ~」とだけ言い残し、立ち去る光太郎。2人で朝ご飯を食べている時にも「『俺は』ってどういうこと?」とマオは再度確認するのですが、光太郎は素っ気なく「その通りのことだよ。覚えてないならもういいよ」と出勤してしまいます。静かに拗ねる北野くんが可愛い♡

 そしてナオと信二。前回、処女なことを玉木くん(渡部拓哉)に言えずに悩んでいるナオに、信二が「じゃあ、まず俺としてみる?」なんて言い出したシーンの続きです。ナオが「またまたご冗談を」と茶化すと、信二は「冗談じゃないよ」とベッドにナオを優しく押し倒し「俺がお前の処女を奪ってやろうか」とキス! ……しようとしたのですが、ナオは顔をそむけて拒みます。すると、信二はちょっと間を空けてから起き上がり、「嫌なんだろ。だったらつべこべ言わずに玉木くんに全部受けとめてもらえよ」と一言。この絶妙な間がリアルですよ~! 行動までイケメンです。

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

 しかしですね。本作の見どころはここから! 起き上がってきたナオが「……嫌じゃないです」「驚いただけで、真咲さんが良いなら……」と信二の手に自分の手を重ねるのです。そして信二が「その言葉、嘘じゃねえよな?」と再度確認し、今度こそセックスしちゃいます☆ キスしただけで声が漏れちゃう可愛いナオを優しく愛撫する一方で、フェラや挿入中にはその気持ち良さに余裕がなくなったりと、信二のギャップがたまりません!

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

1 2

7LOVEs Vol.2 DVD