カラダ・美容

バイブを使おう! ウナギオナニーは超危険、異物挿入ダメ絶対

【この記事のキーワード】
 Photo by Ray Larabie from Flickr

Photo by Ray Larabie from Flickr

 あなたはオナニーのとき、何を使いますか? 指? 指とローション? ローター? バイブ? 電マ? シャワーかな? オナニーのときにバナナやキュウリなど、膣に野菜や果物を挿入するという話はよく耳にします。キュウリとゴーヤが野菜オナニストには人気のようです(長さ20cmのゴーヤを肛門に挿入して、取り出せなくなった男性もいるようですよ)。

 何を使用しようが個人の勝手ではありますが、比較的細いキュウリや、柔らかいバナナは興奮して動かしていると、途中で折れて取り出せなくなる可能性もある、ということは念頭に置いておくように……。ゴーヤのようなイボイボがついているものも、そのまま挿入してしまうと膣内が傷つく可能性もあるので、食品であってもコンドーム装着を忘れないでください。

 しかし驚いたのは、先日、自分のオナニーをネット生配信して逮捕された中国人女性が、なんと、体長50cmほどの生きているウナギを膣内に挿入してオナニーしていたっていうじゃないですか。天然バイブ的な役割を期待したのでしょうが、ウナギって歯があるじゃないですか、噛みちぎられたりしそうでめちゃめちゃ怖い!

それなのに好奇心が勝ってしまうのか、ウナギを膣やら肛門やらに侵入させる人は過去にもいたようで。全て中国人男性の事件です。

 浴室にある桶に2日間ほどウナギを入れていた男性。そのこと忘れ、入浴した際、桶に座りこんでしまい肛門に侵入してきたそうです。とりあえず外出したものの、急な激痛に襲われ病院に運ばれ緊急手術。開腹してウナギを取り出したといいます。肛門から生き物が侵入したのに“とりあえず外出”したことが驚愕です。

 激しい胃痛で病院に運ばれた男性。胃から摘出されたのは、体調60㎝ほどの1匹のウナギ。「友達がふざけて肛門に挿入した」と釈明したらしいですが、恐らく「アナルで性的快感を得ようとしたのだろう」と疑われたとか。真実は本人のみぞ知る、ですが友達がふざけてした行為にしても、なにやってんのよ……。大腸→小腸を逆流して胃まで辿りついたウナギの生命力もすごい。

 つい先月にも病院に運ばれ、緊急手術した男性がいました。医師の手により安全に取り出されたのは、体調50㎝のウナギ。胃の中で泳いでいたため、胃を掻き乱して、内臓破裂! 生命の危機になるところだったそうです。男性いわく、「便秘に苦しんでいて、どうにかできないかとウナギを挿入した」とか。「便秘にはウナギが効果的という民間療法があるから、試してみた」んだそうですが……便秘に効果的だと言われているのは、「調理したウナギを食べる」ことかと思われます。実際に、ウナギに含まれている脂質が、硬くなってしまった便を柔らかくする働き、滑りを良くする働きがあるとはいうものの、挿入したら勢いよく排便できるどころか詰まりますよ。

 また、イタズラで肛門にウナギを挿入し、死亡した事件もあるので、決して悪ノリでやってはいけないことだと肝に銘じておきましょう。※ウナギに限らず、生きものを膣や肛門に挿入するのはリスクが高すぎますし、動物愛護の観点からも絶対にやめましょう。

 ちなみに、冒頭でお伝えしたウナギでオナニー配信逮捕の女性は、ウナギにコンドームを装着していたそうです。取り出したときには、ウナギは息絶えていたとのこと。気の毒なウナギ。

 messyでは魅力的な電動バイブレーターやディルドをたくさんご紹介しています!生き物を利用したり野菜を使うのではなく、人間工学に基づいて作られた精密機械であるバイブを使ってちゃんと気持ちよくなりましょう。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

バイブバー公式認定ローション180ml ネットリタイプ