恋愛・セックス

1回イッたら放っといて! 女性の「賢者タイム」

【この記事のキーワード】
 Photo by angrylambie1 from Flickr

Photo by angrylambie1 from Flickr

こんにちは。<桜チップで燻製したうずらたまご>が美味しくて週3で食べてる大根 蘭です。

「賢者タイム」の原因は「プロラクチン」

 セックス(射精)後、彼が背中を向けて爆睡してたり、ベッドの中で抱き合う密着を拒む、無言でタバコを吸いながらテレビをつけるなど、女性視点でみると冷たく感じる行動をされて淋しくなる経験した方もいるのではないでしょうか。そう、これこそが「賢者タイム」! 脱力感、および、ピロートークなんてしていられないほどの眠気に襲われてしまう生理現象です。なぜそんな生理現象が起きてしまうのでしょうか。

 男性は射精後、性欲抑制ホルモン「プロラクチン」が大量に分泌されます。さっきまでは性欲の塊・オオカミ状態だった彼も、このホルモンによって一気に急降下します。性欲という煩悩が取り払われてスッキリした脳内はまさに「賢者」。ひとことでいうと「我に返った」状態のようです(“俺、なにやってんだろう……”的な自己嫌悪に陥る男性もいるとか)。

女だって、賢者になる

 一方、女性の場合、イッたあとに大量に分泌されるホルモンは「オキシトシン」。別名「愛情ホルモン」と言われる物質で、相手の男性を愛おしく感じる働きがあります。だからか、女性はパートナーとのセックス後にイチャコラ余韻に浸ってみたり、ピロートークを楽しみたい方も多いのではないでしょうか。

 ちなみに、このプロラクチン。男性は「性欲抑制ホルモン」ですが、女性も分泌されます。ただ女性の場合は、母乳を出すために分泌される「乳腺刺激ホルモン」なんです。そのため、子どもを産んだ母体は、セックスよりも授乳に専念する方向へと欲求が向かう働きに変わります。私の友人にもいますが「セックス大好きだったのに、出産後はしたくなくなった」とセックスを拒んでしまう現象。実はこれ、男性の射精後と同じ賢者タイムに入っているからということ。それぞれの生理現象、賢者タイムを理解して思いやり合うことが大切!それぞれ「賢者タイム入りまーす!」と宣言すればわかりやすくてよいのでは。

 ここからが問題なんです! 色々な情報から、「女性は何回でもイケる」と思い込んでいる方は、男女ともに多いようです。そのため1回オーガズムを感じてグッタリした彼女を心配したり、「私っておかしいの!?」と悩んでいる方もいます。しかし! 強いオーガズムを得ると、男性と同じように性欲が失せてしまう、絶頂に達するのは1回だけ、という女性は男性が思っているより大勢いるんです。ネット上でも、体力を消耗し切っているのに、男性のピストン運動が続き、「あ~、もう寝たい!」「もう気持ちよくない」「早く終わんないかな」と思っている、という女性の意見も多く見られます。

 一般的に、「男性は1回射精をしたら、しばらく時間を置かないと精子が再生されない」というのが通説ですが、それに似た感覚を覚える女性もいるのだということ。これはどういうことなんでしょう。

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
煩悩リセット稽古帖