恋愛・セックス

おしっこを飲ませるプレイ、イケる? ハード系性癖「スカトロ」

【この記事のキーワード】
Photo by frankieleon from Flickr

Photo by frankieleon from Flickr

 『うんこ漢字ドリル』(文響社)が話題を集めています。3月下旬に発売されて早くも発行部数シリーズ累計100万部を突破したとか。小学1年生~6年生までに習う漢字を使った3018例文にすべて「うんこ」という言葉を使用し、よみがなや漢字を書き込む箇所もうんこマーク。うんこまみれの理由は、集中力が続かない子供たちでも楽しく学べれば……という優しい提案から生まれたものなんです。確かに子供たちって「ちんこ」「うんこ」をやたらと連呼してキャッキャ喜びますからね。女子もですよ。

 

うんこで喜ぶのは子供だけではありません! 大人になってもうんこが好きな人はいます。「うんこ」というワードで喜んでいるのではなく、うんこを利用した性行為などを楽しむ「スカトロ」趣味(性癖)の方です。

スカトロプレイ

「スカトロ」はスカトロジーの略で、本来は“うんこや尿の研究”のことを指しますが、一般的に使われているのは、うんこやおしっこに性的な魅力を感じたり、それらを使ったプレイのことを指します。自分が排尿・排便をするところを見てもらうことに興奮する人、相手がしているところを見ることに興奮する人などは、それぞれです。AVでもスカトロ作品は数多く出ているので、実践はしたことなくとも、プレイ内容は知っている方もいるのではないでしょうか。改めてお伝えすると、「浣腸して排便をする(させる)」「体にかける(浴尿)」、「塗りつける(塗糞)」、「飲む(飲尿)」、「食べる(食糞)」と、色々な種類があるんですねぇ。

スカトロプレイと聞いて、うんこを利用したプレイを想像される方も多いかと思いますが、どちらかというとライトなおしっこプレイのほうが、初心者も抵抗なくイケるんじゃないでしょうか。おしっこプレイは飲む・飲ませる行為だけではありません。おしっこを見せ合うことからはじめる方が多いようです。普段は人に見せることのない排便・排尿を見せる=全てを曝け出せる相手、と「関係性がグっと近づく気がする」との意見もありました。そうなんでしょうか……? や、もちろんしたくなかったらしなくていいし(衛生的にも)、「全てを曝け出しあいたいんだ!」と懇願されることがあっても納得いかなかったら断りましょうね。相手がイヤがってる場合もムリに「おしっこ飲めやぁ!」と迫ってはいけませんよ。以下、興味があって「やりたいな~」という方は読み進めてくださいませ。

おしっこみゅにけーしょん

おしっこ見せ合いを経て、次のステップに進みたくなったらついに飲む・飲ませるプレイに突入です。おしっこは、空気に触れることで菌が増殖すると知っていましたか? 実際に体験しないとなんとも言えないですが、コップなどに1度溜めたものと、性器から放出したものを直接キャッチするのとでは、味が全く違うそうです。1度容器に溜めたものはニオイや味に抵抗を覚えるかもしれませんが、直接だとそこまで感じない、なんなら甘く感じる、ようです(人の味覚はそれぞれでしょうけど)。1度容器に溜められる行為が恥ずかしいし、衛生面を考えてもダイレクト飲尿がよさそうです。

◆M男性に飲んでもらう

男性が飲む側であれば、クンニ状態から一切空気に触れさせずに飲み切るということもできます。クンニ体勢からなら“観賞されてる感”も少なくていいですね。飲む男性も、空気に触れさせないことで飲みやすく、周囲に漏らしにくいというメリットがあります。

◆S男性の尿を飲む

基本的に、男性は自分でちんこの角度をコントロールしやすいと思うので、口を開けてスタンバイしていればいいようです。おしっこプレイをしている時点で征服感が強いはずですが、S気質の男性は、顔射のように顔にかけて征服感を味わいたいと思っている方が多いようです。目に入らないように注意して! しっかり瞑って!

スカトロ注意点

排泄を見学するくらいであれば、大きな問題はありません。口内炎など口腔トラブルがある際は、菌の含まれている「食糞」「飲尿」を行うことは危険です。そして、もうひとつはニオイ。うんこほどでなくても、排泄物はニオいます。おしっこプレイ後も、自分では洗いきったと思っていても汗腺に詰まっているニオイが、なかなかしぶとく残ります。どんなプレイをすることも自由ですが、悪臭を放って周囲に迷惑をかけることはやめましょう。プレイ後に満員電車に乗る、カフェに行くなどの行動は避けた方がよさそうです。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

江戸の糞尿学