ゴシップ

浜崎あゆみの肉体がボロボロ! 両耳難聴、膝を故障など痛々しい状態

【この記事のキーワード】
浜崎あゆみインスタグラムより。

浜崎あゆみインスタグラムより。

 5月19日、浜崎あゆみ(38)が、ファンクラブ会員限定サイトに綴った日記で、右耳の聴力が激しく衰退していることを明かした。浜崎は2000年に左耳に内耳性突発難聴を患い、2008年には同じくファンクラブサイトで、左耳はもう完全に機能しておらず医者から「治療のすべはない」と言われたことを告白。この時「それでも私はボーカリストであり続けたい。残されたこの右耳の限界まで歌い続ける」と誓っていたが、その右耳までも限界に近づいているということなのだろうか。

 ミュージシャンはその仕事柄、難聴を患うことが多い。大友康平(61)、スガシカオ(50)、エレファントカシマシの宮本浩次(50)、サカナクションの山口一郎(36)などがそれぞれ片耳の難聴を明かしている。氷室京介(56)は難聴を理由に「これ以上は無理」と、2016年5月にライブ活動を引退した。

 アーティスト生命に直結する疾患。しかし浜崎が抱えている体の問題は難聴だけではない。膝にもダメージを負っているというのだ。2017年に膝の手術とリハビリをしていたようなのだが、5月19日には自身のインスタグラムで「昨年末から膝が言う事を聞いてくれなくなり大好きだったウエイトやランニングが厳しくなってしまったので今年からピラティスを真剣に学んでいます」と綴っていた。ファンサイトの記述によれば、6年間にわたって騙し騙しステージに立ってきたが、ついに膝が限界に達し、手術を決行。「追い討ちをかけるように(左耳の)難聴が悪化」し、その症状はただ耳がよく聞こえないというものではない。「三半規管がぶっ壊れ」たせいで、上下左右がわからなくなり歩行困難、「ぐるぐる回る世界にいる感覚」で吐き気に襲われ、トイレで何度も隠れて吐いたという。そして医療機関を受診し、告げられたのが「右耳の聴力悪化」だった。身体が悲鳴をあげているのだ。

1 2

[PR]
[PR]
ViVi(ヴィヴィ) 浜崎あゆみスペシャルエディション 2017年 06 月号