カルチャー

『甘い懲罰~私は看守専用ペット~』中二病な設定に突っ込んではならない“調教系”TL【ネット広告で出まくるマンガレビュー】

【この記事のキーワード】

――ネットをさまよっていれば、必ずと言っていいほど目にする“マンガ広告”。中には、内容が思わず気になってしまうマンガも多いのでは。本記事では、その中からエッチなマンガを厳選してレビューしていきます。

責められたい願望を満たすTL

 今回読んでいくのは『甘い懲罰~私は看守専用ペット~』(作:いづみ翔)。なお、電子版では『「このままじゃ…イク…」看守の執拗な身体検査』というタイトルなので検索の際はご注意を。『オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~』『漫画家とヤクザ』と比べると広告に出まくっているわけでもないのですが、看守らしき男が女の子に「『屈辱刑』に処す」って言っているコマを切り取った広告、見たことないですか? キモッ、って嫌悪感を催す人もいるとは思うのですが、私は個人的に気になっていた一冊です。広告主の思うツボにハマっている(笑)。

  主人公の早乙女陽奈は、会社の金を横領したという無実の罪で「黒翼刑務所」に収監されてしまうことに。ちなみに、たった2ページで判決から収監まで描かれています。怒涛の展開! 刑務所に入った陽奈の前に現れたのは、コッテコテの看守服を身にまとい、なぜか鞭を手にしている明神亜貴。見るからに冷徹そうな彼は、黒翼刑務所の看守官長だそう。

 と言うか、なんだろうこのマンガに漂う“中二病感”は……。黒い翼と書いて黒翼刑務所って!! 漆黒刑務所じゃないだけマシかな?

 TLマンガを大きく分けると、両思いになってラブラブセックスする“純愛系”と、Sっ気たっぷりに責められまくる(※ただしイケメンに)“調教系”の2種類があると思うんですが、『甘い懲罰』に関しては完全に後者でしょう。この類の作品はファンタジーであること前提なので、それを踏まえれば結構楽しく読めるかと(少なくとも筆者は)。でも“調教系”TLってある程度人気を集めているので、やはりこういう作風を好んで読む女性って結構いたりするんですかね。

 亜貴は開口一番、陽奈に「本日よりお前を24時間監視する」「オレの言う事には絶対服従」と言い渡し、入所検査で陽奈を全裸にさせてアソコまでチェック。亜貴がエッチに身体を触るもんですから、当然陽奈は濡れちゃいます。すると、「ただの身体検査だというのに何を滴らせている」とアソコを責めだす亜貴。抵抗も虚しく、陽奈は気絶するまで感じてしまいます。

 ちなみに、この黒翼刑務所は男女混合の刑務所なのですが、収監されている囚人の中で女性は亜貴だけとのこと。……ってことは、亜貴看守官長は男にも身体検査したのかな!? チンコがおっ立っちゃったら処理してくれるんですか(クソ腐女子脳)~!?

 それからというものの、陽奈は亜貴に“執行”という名の陵辱を受け、性的に支配される日々を送ります。ドア越しに他の看守がいるところでも責められ、さらには恋人の八雲との面会中にも責められ。朝の体操中には仕込まれたピンクローターでも責められるし。亜貴看守官長、職権乱用しすぎでは? 八雲からネイルのプレゼントが贈られた時には、「そんな嗜好品必要ない」と看守官長の権限を使って、“快楽刑”に処しちゃうし!

 しっかし、亜貴は眉一つ動かさずそれをやってのけるんですよね。性欲ある? チンコおっ立ってない? セックスした時にも平然とした顔だったしなあ……。調教系TLでは、無表情で超クールで感情の乱れを一切見せないドS男が一方的に責めるのが定番ですが、そんな男いないしいたら怖いだろ。

 というか、突っ込んではいけないと分かっていても突っ込みたいところがあって。この黒翼刑務所は3日に1回(しかも15分)しかシャワーを浴びることができないのですが、亜貴は結構な頻度でべろっべろクンニするんですよね……。1日洗ってないだけでもアソコの匂いって気になってくるものですが。逆に亜貴が上官(いるのか?)から“強制汚マン舐め”とかの罰を受けていないか心配です。

 まあ、ファンタジーだからいっか!

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

甘い懲罰~私は看守専用ペット (Clair TL comics)