連載

「邦ロック好き婚活パーティ」で謎のマウンティング被害! 音楽系婚活の心得

【この記事のキーワード】

mihotantop

こんにちは、みほたんです。突然ですがみなさんは「音楽好き?」と聞かれたら即答できますか?「好きなアーティストは?」と聞かれたらすぐに挙げられますか?

私はめっちゃ考えてしまいます。大学時代は、軽音楽部に所属してバンドやったりしてきたけど、ライブなんて月1回くらいしか行かないし、周りにはもっとコアな音楽好きや、ミュージシャンを職業としてる人がいたりして。そんな中で私が「音楽好き?」と聞かれるとちょっと即答しづらい!

好きなアーティストを聞かれても、リアルによくライブに行ってるバンドだとマイナーすぎて伝わらないだろうし、だからといってメジャーなアーティストだと、知ってる曲は一握りしかないし生で見たこともないのに好きと言っていいのやら……と深く考えすぎてしまいます。

そう、「音楽好き」の自意識というのはなかなか難しいのです。そんな私がこのたび「邦ロック好き婚活パーティ」に参戦してまいりました。「フェス好き集まれ!」というキャッチコピーに大変ビビりながら……。去年初めて夏フェス行っただけだけど、大丈夫かしら。

場所は大阪で、参加費は女性4000円とまぁまぁ高め。合コンバーや相席ラウンジに慣れていると、婚活パーティってこんなに高かったっけ!? と申し込む時にちょっと躊躇してしまいました。ちなみに女性がこの値段ということは男性はもっと高いわけでして、お値段7000円です。

飲食店を貸し切った会場で、ビュッフェ形式で軽食と飲み放題のドリンクが用意されています。人数は男女14人ずつくらい、同性2名ひと組でテーブルに付き、20分ごとに席替えをしていくスタイル。2人ひと組で振り分けられるとはいえ、私はソロ参戦だったため、同じくひとり参加の女性と同じテーブルに付きます。

まず席についてびっくりしたのは、ペアになった女性の方がめっちゃ美人だったこと! プロフィールシートに書かれていた音楽の趣味もいい感じだし、こんな人に出会えるなら男7000円払う価値あるかも……と、凝視してしまいました。

1 2 3 4

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~

THE KIDS(通常盤)