ゴシップ

平愛梨、横領疑惑の弟の出馬応援で批判殺到、長友も巻き添えに…

【この記事のキーワード】
平愛梨Twitterより

妹(右)がいつのまにか姉そっくりに、そして姉より大きく。(平愛梨Twitterより)

 6月4日、東京都議選に、「都民ファーストの会」から公認を受けて板橋区選挙区で出馬する新人の平慶翔(29)が事務所を開設した。この事務所開きには、姉の平愛梨(32)が小池百合子都知事(64)のカラーをイメージしたようなグリーンのスカート姿で登場。当初は慶翔が混乱を予想して愛梨の参加を躊躇していたそうなのだが、愛梨は「どうしても!」と押し切って駆け付けたのだという。

 愛梨は報道陣からの質問に「弟の事務所開きですので、純粋に応援したいという気持ちで来ました」と、平家恒例の「家族の仲良しアピール」をしながら笑顔で答え、夫・長友佑都(30)との連名で花も送り、いつもの「長友アピール」も欠かすことはなかった。なお、応援演説に参加するかは未定とのこと。

 平慶翔は元俳優で、自民党東京都連会長の下村博文(63)の秘書を務めていた経験があるが、事務所費を横領して解雇されていた過去があると「週刊新潮」(新潮社)が報じているいわくつき。愛梨は6人兄弟姉妹の長女で、ことあるごとにその家族愛を披露してきたが、弟が何をしたとしても信じて応援するかまえなのだろうか。

 しかしこのいわくつき候補の選挙戦に長友まで名前を利用されることに対し、ネット上では批判的な見方が圧倒的だ。また、世界中の名選手が集うイタリアサッカーリーグセリエAで戦う長友の妻として現地に帯同している愛梨だが、「極力おうちにいたいタイプ」を自称し、夫とレストランなどに外出する以外は一人で自宅にこもっているという。愛梨は5日にTwitterで「歯科」を「ハイカ」と読んでタクシー運転手に笑われたという天然エピソードをわざわざ報告していたが、結婚後もおバカキャラを貫きたいのだろうか。

(ボンゾ)

[PR]
[PR]
平 愛梨写真集 『 ANOTHER ME 』