連載

【新連載!】10年ぶりにセックスをしたい…いや「しよう!」と思うに至った重大な事情

【この記事のキーワード】
子宮にちんぽが届くまで

果たしてちんぽは届くのか。イラスト/大和彩

 それはある日、夢子がインターネットで目にしたツイートから始まった。

「子宮がなくなったら、セックスの感じ方は悪くなるんじゃないの?」

 夢子がこれを目にしたのは、自身のヒステレクトミー(子宮摘出手術)まであと3カ月、というタイミングだった。手術は子宮内膜症の根治のために受ける。

 少し説明しよう。

 夢子は初潮のころから子宮内膜症の症状に苦しんできた。子宮内膜症とは、子宮ではない場所に「勘違い子宮内膜」が住み着いてしまうせいで、子宮の持ち主に大きな苦痛と心労を与える不治の病である。それらの組織はやっかいな居候のように腸のくぼみや靭帯などにまで勝手に広がり、居つく。そこでおとなしくしていればいいものを、ヤツらは増殖したり出血したり炎症を起こしたり……と、無駄にイキイキ活動してしまう。

 子宮なら出血しても膣という出口から血は排出される。だが子宮外から出た血はドンドン腹の中に溜まりそして固まる。それが子宮周辺のいろんな臓器の癒着や炎症を引き起こし、激痛や貧血などさまざまな症状を引き起こす。

 一説によるとその痛みは陣痛のそれに匹敵するとか。この疾患を持つ女性は、そんな痛みを慢性的にお腹の中に抱えつづける。内膜組織によるゲリラ活動はホルモン周期ごとにくり返されるため、子宮の宿主の苦悩は閉経まで続く。

 現代の医療では、子宮内膜症を根治するには子宮を切り落とすしかない。夢子は長年、薬で症状を抑えてきた。だが近年はもはや痛みにも症状にも効かなくなり、起きているより寝ている時間のほうが圧倒的に長くなってきた。夢子はそこで手術を決意したのであった。

子宮がなくなれば、女じゃなくなる?

 夢子はどこの誰とも知らぬ人がネットに書き込んだそのつぶやきを、一笑に付そうとした。

「セックスは総合芸術だから、ひとつのパーツが抜けていたからといって、その本質が変わるわけじゃないよ。その日の体調や気分、相手で変わるだろうし。子宮がなくなったからといって性感が悪くなるなんてことないから!」

 自分の説には自信があった夢子だが、彼女がこのイシューについて語る際にひとつ問題があった。

 夢子は10年近くセックスしていないのだ。

 夢子は考えつづけた。

「『子宮がなくなったら女じゃなくなる』とか『子宮を失ったら性欲がなくなった』とかよく聞くけど、実際のところどうなんだろう? 私は同じ疾患で苦しむ女性に『ほんとかどうかわからない説より、自分の健康を優先して治療を選択しなよ』といってあげられる人になりたい。けどセックスレスの状態じゃ何も語れないなぁ。」

 恋愛はめんどくさい。性欲もほとんどない。夢子にはセックスフレンドも彼氏も夫もいない。

「私には知りようがないわ、残念だけど」

 そう片づけようとした夢子だったが、その書き込みがいつまでも鍋底にこびりついた焦げのように頭から離れないのだった。

 しばらく経ってネットで「子宮がんになったけど、オーガズムがなくなるかもしれないのが不安だし夫も嫌がっているから、子宮は切りません」という記事を目にしたとき、激しく疑問に思った。

 そうなの? ほんとうに違うの? 性生活になんら変化がないかもしれないのに、健康リスクを冒してまで子宮摘出を渋る必要ってほんとうにあるの?

1 2 3

大和彩

米国の大学と美大を卒業後、日本で会社員に。しかし会社の倒産やリストラなどで次々職を失い貧困に陥いる。その状況をリアルタイムで発信したブログがきっかけとなり2013年6月より「messy」にて執筆活動を始める。著書『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』。現在はうつ、子宮内膜症、腫瘍、腰痛など闘病中。好きな食べ物は、熱いお茶。

『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』

HPV 24歳、子宮頸がん患者デビュー