カルチャー

待ってました! 綾野剛が1人2役で「可愛さ復活」の兆し/『フランケンシュタインの恋』第8話レビュー

【この記事のキーワード】
『フランケンシュタインの恋』公式Instagramより

『フランケンシュタインの恋』公式Instagramより

 11日放送の『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)第8話。視聴率は6.3%と先週よりも0.4ポイント減。脱落者の心中はお察ししますが、来週は可愛い研さん(綾野剛)がいっぱい拝めそうなのでカムバックをおすすめします! 研さん、というか銀フチ丸眼鏡をかけた山部呼六が可愛いんです! というのも、今回、研さんは昔の記憶を取り戻して、自分が山部呼六だったことを思い出したのです。で、山部呼六って、誰?

 前回、稲庭先輩(柳楽優弥)が、「人間じゃないのは俺なんだよ」と研さんをラジオに出演させた思惑を打ち明けました。「研さんを助けたいと思えば思うほど、研さんの心を汚したくなる」「僕は研さんみたいに純粋なままでは生きられない」と人間はみんな「矛盾」を抱えていることを伝えます。すると研さんは、「怪物の僕も矛盾を抱えていました。自分のことをわかってほしいと思いながら本当のことを隠していました」と、工務店のみんなに本当のことを打ち明けました。

 かたやラジオ局では、公開生放送の会場にいた客の多くが「具合が悪くなった」と病院に駆け込み、抗議と問い合わせが殺到。天草(新井浩文)が、スタッフやMC陣に研さんの正体を話すも、プロデューサーは「俺たちは何も知らなかったんだ」と警察に通報すると言い出す始末。研さんを守るためにも、もう一度ラジオに出演して本当のことを話してほしいと研さんに直談判。本人からは了承を得たのですが、その場にいた継実(二階堂ふみ)は「ダメです。やっぱりラジオに出すのはやめてください」と言い残し、研さんの腕を掴んで失踪! 大学内のお地蔵さんの前で「一緒に逃げましょう」と提案! 先生と生徒の恋を描いたドラマ『魔女の条件』(TBS)で、松嶋菜々子が滝沢秀明の手を取って「自由の国は絶対ある!」「行こう!」と駆け落ちしたシーンを想起させる展開!

 とはいえ、その後すぐに誘拐事件となって菜々子が逮捕されちゃった同ドラマと同様に悲しい展開に。継実が「森へ帰りましょう、一緒に。私はあなたとずっと一緒にいます、約束します」と言ったことで研さんは過去をフラッシュバック。病室のベッドに寝ている自分と、その横に座る女性が「私があなたとずっと一緒におります、約束します」と微笑みかけるシーンを思い出します。そして、研さんはその女性を思いながら「サキさん……」とつぶやくのです。それを聞いた継実は「どうしてその名前を? その人は私のご先祖様です」と言い残し、頭が痛くなっちゃって救急車で運ばれる事態に。脳幹部から出血しちゃって意識は戻らず、手術もできないほど危険な状態なのだとか。

1 2

フランケンシュタイン (新潮文庫)