カルチャー

強欲で、女のダメなところが煮詰まったような女への「天罰」と正義/『あなたのことはそれほど』第九話レビュー

【この記事のキーワード】
あなたのことはそれほど

『あなたのことはそれほど』公式サイトより

山場を用意しすぎていた感のある『あなたのことはそれほど』第九話! 前半は育三郎スペシャルと呼んでも差し支えない展開でしたが次回予告に育三郎がチラリとも映らずこれで退場なんて淋しすぎる早くも育ロスだよぉ~なテンションです。中川翔子演じる隣人の葛藤、有島くんがついに改心、美都もちょっとモラリストに変化しているなど見どころ満載でおなかいっぱいすぎる第九話はトイレタイムの隙さえ与えませんでした。これがTBS10ドラマ班の実力やドヤァァって凄まれた感じ。

<登場人物>

■渡辺美都(わたなべ・みつ)/波瑠
旧姓・三好。スナックママの一人娘、母子家庭育ち。地元は横浜。眼科の医療事務として働く女性。小学校時代に転入してきて中学で転校してしまった有島くんに初恋をし、大人になった今もその恋心を保管し続けて再会即不倫。優しく料理上手な涼太にアプローチされて結婚したが夫のことは「二番目に好きな人」だと思っていた。

■渡辺涼太(わたなべ・りょうた)/東出昌大
インテリア関係の会社の総務部で働く。眼科で美都に一目惚れして求婚。愛妻家で料理上手で洗濯や掃除も得意。朗らかで愛情深く、見知らぬ他人にも親切で、妻の母親ともうまくやっている。妻がもはや自分を愛していないと知りながら超執着。

■有島光軌(ありしま・こうき)/鈴木伸之(劇団EXILE)
サラリーマン。親が転勤族で横浜→所沢に引越し。美都とは横浜時代のクラスメイトだった。所沢の高校の同級生だった麗華と結婚し、一児の父に。学生時代からイケメンで女に不自由しないタイプ。公式紹介によると「基本的には家庭第一なのだが、根が優しく流されやすい性格のため、泣きつかれると弱い」。

■有島麗華(ありしま・れいか)/仲里依紗
旧姓・戸川。高校の同級生だった有島と結婚し妊娠、所沢の実家で里帰り出産。今は自宅でほぼワンオペ子育て中、それを苦に思ってはいない。

【第一話】再現VTRみたい…アレンジがダサい、役者も演出もしょぼい!
【第二話】気持ち悪いのは粘着夫(東出昌大)ではなく恋愛脳満開の新婚妻(波瑠)の方では…?
【第三話】不倫妻が罪悪感ゼロなのは夫を少しも愛してはいないから
【第四話】夫が陽気なイケメンだったら、妻がもっと成熟した女なら、夫婦は噛み合ったのか? 否、結婚していなかったでしょう
【第五話】不倫相手の自宅訪問を時間差攻撃で! 恐怖演出で不倫解消を促進する逆ゲス効果アリ
【第六話】奇声上げ赤ワインぶちまけ!東出昌大の発狂が注目集めて視聴率急上昇、山崎育三郎の思惑は?
【第七話】不倫男女が地獄に堕ちる復讐展開に期待? 視聴率急上昇

【第八話】不倫がバレたら「前と同じ」になんて絶対なれないんだ

夜逃げならぬ昼逃げ

301号室の渡辺美都はW不倫の最低女。バカ女に制裁を。」と書いた紙が、マンション中に貼られ、勤務先の眼科にも同様のビラとネット書き込みのいやがらせが。隣人たちから白い目で見られる美都を守りたい涼太は、「みっちゃんは今まで通りにしてて。今出て行ったら認めたことになる。それは僕もキツい」と言って、美都の手を! 恋人つなぎで絡め、隣人らに見せつけるように夫婦そろって出勤。いや出勤したと見せかけて、涼太は麗華のところへ行き、ビラを撒いた人に心当たりはないかと質問しました。少なからず、麗華を疑う気持ちがあったようです。まあ美都を一番恨んでそうなのは、有島くんの妻だと思いますよね。

その夜、麗華が帰宅した夫にビラの件を話すと、有島くんは「麗華がこんなことするわけない」と1mmの疑いも見せません。

麗華「ずいぶん私、信用されてるのね。でも、それ(ビラの内容)ひどいのね。光軌は、(美都さんを)心配よね。優しいから」
有島くん「いや、でもオレはもう会う気はないから」
麗華「でもあの人を心配しないあなたもイヤ。優しいって、何なのかしらね……」

そのころ美都はそれなりに中傷ビラに落ち込み、有島くんにLINEしたいけどできない、妊娠検査薬もまだ使えてないという八方塞がりの状態でした。翌朝も涼太と一緒に手をつないでマンションを出ますが、「コンビニでお金をおろしていくから先に駅へ行って」とウソをついて美都は一人で帰宅します。アパートを借りるにあたって保証人になってくれた小田原さん(山崎育三郎)が車を出してくれ、お引越し作業をするのです。夜逃げ同然に引っ越すのか。昼逃げか。さあここからが前半の山場・小田原劇場ですから。そして“嘘の下手すぎる女”美都の態度で何か不穏な気配を察知した涼太も自宅に引き返してきて、寝室で荷造りする美都と小田原の会話を聞いてしまうのでした――。

1 2 3

[PR]
[PR]
あなたのことはそれほど(5) (FEEL COMICS)