連載

小出恵介、降板ドラマ現場での最後の姿

【この記事のキーワード】
小出恵介

2008年公開の映画『僕の彼女はサイボーグ』記者会見での小出恵介

 皆さん、ごきげんよう。アツこと、秘密のアツコちゃんです!

 アツのもとに「何でこんなことに~」と、悲鳴のような涙声で電話がかかってきたのは6月8日早朝のこと。切羽詰まってる感じの電話の主にのほほんと「ど~したの?」と聞いてみると「小出恵介くんがぁ~」って。ノーマークだったからビックリしてすっかり目が覚めちゃったわよ。「そんなバカな」と思いながらも慌てて周りに確認してみると、あらあら、醜聞が出るわ出るわ。危険な秘密がいっぱいじゃない。嘘だと思いたかったけどコレじゃど~しよう~もなく、NHKの主演ドラマは放送中止、7月16日スタートの日本テレビ系ドラマ『愛してたって、秘密はある。』も降板。これだけドタバタしたのは久しぶりだったわ。タイトル通り『秘密があった。』小出恵介だけど、『愛してたって、秘密がありすぎじゃん。』って感じよね。よくもまあ今まで隠せてたわよ~。

 ドラマHPから忽然と“小出恵介”の名前や顔写真が消えたのは6月7日のこと。いち早くこの怪奇現象(!?)を発見したファンの人たちは心配してたようだけど、新ドラの人物相関図なんかが載ってる情報誌などはとっくに発売してたから、小出くんの顔写真が載っている誌面は今やプレミアものかも!? 結局、代役には同じアミューズ所属の新米パパ・賀来賢人くんに決まって事なきを得たけど、スタッフはアタフタして大変そうだったわ。まさかの展開だったものね。

 事情を聞いてみると、6月3日に都内某所で新ドラマのポスター撮りがあって、小出くんもその撮影に参加してたんですって。その前に顔合わせや初本読みがあったんだけど、すごく和やかなムードで顔合わせが始まって、本読みも滞りなく終了。主演の福士蒼汰くんはじめ、それぞれがちゃんと台本を読み込んで来ててスタッフも手ごたえを感じて感激してたらしいの。小出くんが演じるはずだった役は、福士蒼汰くん演じる黎(れい)の恋人・川口春奈ちゃん演じる爽(さわ)のお兄さんでジャーナリストの暁人(あきと)。第1話ではそんなに出番は多くなかったけど、ポジションは3番手。さずがアミューズよね~。その日に、キャストやスタッフみんなで“絶対に当てなくちゃ!”って結束を固めた矢先だったんですって。スタッフいわく「当日の小出くんはリラックスしてたし、好青年という印象で、そんな大問題が発覚する素振りすらなかった」とのこと。

1 2 3 4

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。無性にピンクの花が好き。

ごくせん 2005 DVD-BOX