カラダ・美容

女性器コンプレックスは解消できる! 他の女性のヴァギナを見て「自分も普通だな」と安心

【この記事のキーワード】
Photo by AbbyD11 from Flickr

Photo by AbbyD11 from Flickr

自分の性器に関する悩みや不安を抱く人……少なくないのではないでしょうか。いわゆる「女性器コンプレックス」です。男性も男性で、トイレで横を見たら他の形態を確認できてしまうため、他人のイチモツと自分のそれを比較して「デカさ」「包茎」はたまた「早漏」など機能面でもいろいろコンプレックスを抱えているようですが、女性の場合はまず「他人のヴァギナ」をまじまじ見る機会がありませんよね。温泉でも膣周りは特に下から覗かないと見えるものではありませんし、覗きません(覗いたらダメです)。

比較対象が確認できず自分のそれが「正常」かどうかの判断ができないからこそ不安になってしまうのか、ネットで女性器について相談する女性は多数。リアルな友人知人にも相談しにくい話だということなんでしょう。驚くのは、小中学生の女子生徒が「処女なのに、アソコの黒ずみが気になります」といった内容を投稿しているのが非常に多いこと。身近な大人たちに女性器のことや色や形について(セックスの経験に関係ないことなど)相談でき、ちゃんと話をしてもらえる環境があればいいのに……性教育を含め、性の話題をタブーにしている環境では到底望めませんね。こうした性の話題がタブーでなくなることを願っております。

さて、女性器コンプレックスの上位は「小陰唇」「膣」「クリトリス」が多いようです。女性のみなさんはどのような悩みを抱えているのでしょうか。

小陰唇

女性器の入り口の左右についているビラビラ部分ですが、通常は1cm2cmぐらいの大きさで普段は閉じていて膣や尿道口を最近や刺激などから保護し、「女性器のふた」といえる部分です。性的興奮により、小陰唇が膨張しオープン! 男性を受け入れる体制になります。

◆悩み

*小陰唇が2cm以上ある「小陰唇肥大」

*左右の大きさが違う

*小陰唇の黒ずみ

顔面を見ても、左右が全く同じ人って少ないのではないでしょうか。小陰唇もそうで、実は左右非対称がフツーです。そして、パンツを履いて過ごしていれば誰でも擦れて色素沈着で黒くなっていくもの。黒色はヤリマンの証、だなんて嘘ですからね。

女性器の入り口から子宮までを繋いでいます。卵巣や子宮からの分泌物、オリモノを体外に排出する機能があり、出産時は、胎児を子宮から外へ運び出す働きもあります。セックスの際に男性器を挿入する箇所です。

◆悩み

*膣が緩い気がする(パートナーに言われたなど)

*挿入すると性交痛がある(濡れない)

*膣が大きい

まずもって、「膣がゆるい」という彼が意外にも多いんですね。そこに驚きなんですが。「ちんこ、ちいさいね」と言われたら勃起しないくらい凹むはずなのに、なぜ言うか。「大きい」は「ゆるい」と似た悩みなのでしょう。濡れないことに関しては今は潤滑剤も豊富ですし、試してみてもいいかもしれません。

クリトリス

性的興奮を高めることに特化した器官といわれている女性器の入り口上部についている突起。男性器同様、皮に包まれていて性的興奮を覚えることで勃起をします。

◆悩み

*クリトリスが大きい

*敏感すぎる・鈍感すぎる

*皮の中に汚れがたまり、くさい

皮の中の汚れや臭い、確かになくはないでしょう。ただ臭いに関しては自分が思うほど……というケースもあるので、専門医に診断してもらうことをお勧めします。気になって自分でゴシゴシ洗い過ぎるのはかえって病気のもとになりかねません。

女性器は年齢とともに形や大きさが変化する

膣内部の柔らかさはホルモンが大きく影響しているようで、10代、20代前半のうちはちょっと固め、30代、40代がふっくらと包み込むような柔らかさになるといわれています。このような変化を「緩くなった!」と騒ぐのは早計です。一方で、ご自身が快適に過ごし、性行為を楽しむための整形手術も現代では可能ですから、検討の余地はあります。

セックスが痛い! 処女膜が厚くて硬い「処女膜強靭性」は手術で解決できる

<「小陰唇縮小手術」「処女膜再生手術」「モナリザタッチ」「Gショット」「処女膜切開手術」……>

見ためで悩む部分を形成することはもちろん、感度を高めたい、性交痛をなくしたい、など色々な角度から女性器コンプレックスを解消できるさまざまな医療技術。日常生活に支障をきたしているケースはもちろんのこと、気にするあまりセックスにも消極的になってしまい悩んでいる方には、こういう手段が助けになるでしょう。

ただ、その女性器に関する悩みが、もしかしたら誤解や妄想が膨らんでいるものかもしれない、ということは最初に疑ってみましょう。

自分以外のヴァギナを知ることは必要だと思う

私自身、左右ともにビラビラが大きく、左右の大きさが違うし(右は左の3倍ほどでかい)、平均12cmだと読んで驚いているところです(確実に長いほうは5cmくらいアリ。引っ張ればもっとロンガー)。その度に、好きだったAV女優さんが、非常に綺麗なマンコを(小陰唇も大陰唇も薄ピンクで、もともと薄いんであろう陰毛)を思い出し、「やっぱり私は、異常なのか?」と思い悩んだものです。最近、強い印象を受けた方がいます。400名のヴァギナを象ったものをアート作品として展示会を開いたイギリスのアーティスト。

「性器は卑猥」って間違ってない? 正しい認識は「たまにエロくなるときもある」ではないか

過去には、イギリスの男性アーティストもヴァギナをテーマにした作品を製作し、展示会を開催しました。20カ国・18歳から76歳の女性まで計400名の協力を得て作成した作品のコンセプトは「ヴァギナはそれぞれに異なり、その違いこそが美しい」>

事実、私はオフィシャルサイトで作品を見ただけではありますが、ズラリと並ぶ女性器を見て、「あ、自分と同じような人がいる!」「あ、もっと全体的に大きい作りの人がいる!」など、アートを通して安心感を抱いたのです。アートとはいえ、日本ではわいせつ罪になってしまい、なかなか理解を得られないのが実情なので残念ですが……。

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩