恋愛・セックス

手マンの苦痛「激しくて痛い!」雑な前戯から逃れる・膣を守る方法とは

【この記事のキーワード】
Photo by Nicolas Raymond from Flickr

Photo by Nicolas Raymond from Flickr

かかりつけの婦人科の先生が先日、「ここ数年で膣内の出血や炎症起こしてくる女性が多くなった」と話していました。膣が傷ついた原因は……手マンとバイブが多いのだそうです。どちらも、力強くむやみに動かすせいで出血や炎症につながっていると。

手マンの好き嫌いはそれぞれだと思いますが、友人とセックスの話をする際、彼女たちはセックス自体は好きでも手マンに関しては「好き」「嫌い」「痛い」「下手」「激しすぎる」と意見が分かれます。手マンが好きな方でも、優しい手マンが好きな方、激しくされたい方と様々。

過去に観賞したAV作品で、男優さんの手マンに対して「痛い……」と泣き出した女優さんを観たことがあります。様々な知識も経験も豊富な男優さんでも、ですよ。いや、発売されてる作品なわけだからそういう演出だったのかもしれませんが、なんだかドキュメンタリータッチのやつでした。だから他の女優さんには快感を与えていた手マンも彼女には痛かったんだろうなと思います。

女性はひとりひとり膣内の厚みも違う。愛液の量も違う。男性側も、指の太さ(骨ばっているのか、柔らかめなのか)、長さなどみんな違います。指と膣の相性もあると思いますが、“みんな違う”と当たり前のことを忘れがちになってしまうんでしょうね。だからこそ、AV作品の激しいアクションやハウツー系に書かれている情報をそのまま実践してしまう。その結果、膣内を傷つけて婦人科へ相談にくる女性が増えている。膣内が傷つくということは……、非常に雑な前戯をしている男性が多いということではないでしょうか。「爪は切ったし」「手も洗ったし」という問題だけではなく、体内への配慮はもっと気を遣わなくてはいけないと思います。

STOP! 痛い手マン

手マンがはじまった時、痛みを感じて止めることも必要ですが、そもそも“痛い”前提の手マンなんてイヤだ……。まず痛みを与えやすい手マンの体勢や、雑な手マンを気持ちいい手マンに変えさせるべく対策をお伝えしたいと思います。

AV作品でよく見る手マンまでの流れは、クンニしながら指を挿れはじめて、指だけの動きに移行していく光景です。この場合、両脚の間に入って膣の入り口から奥まで指を挿入し、大きく指をピストンさせることになるんですが……実は非常~にテクニックを要する行為です。つい力が入りすぎてしまったり、勢い余って膣から出た指が膣口付近に刺さる危険もあるんです。

相手にも横になってもらう

とにかく激しい手マンをされることがツライ場合、体勢を変えてしまいましょう。添い寝のように一緒に横になった状態で(キスでもしながら)、手マンをしようとすると、膣までの距離があることも影響し、必要以上に速い動きや奥まで突く行為は回避できます。

ピストンではなく、圧迫

なんだか、挿入した時のちんこの動きと同じですね。確かに、ガッシガシと強い手マンをする男性って、挿入後のピストンも激しく動く気がします(個人的見解です)。指先から少しずつ膣内に挿入してもらって、膣内上部をグーっと押してグーっと離す、というように相手の反応に合わせて「圧迫」することがコツ。

手首を掴む

痛いと感じたときはもちろんですが、「潮吹きさせてやるぅ~!」と膣内で指をグリグリGスポット探しをされて不安な気持ちになったら、我慢はダメ! 痛みを感じる前に止めさせてください。もし生理現象である潮が吹いてしまったら、どれだけ止めても「こんなに感じてるじゃん・・・…」と、また勘違いの上塗りをされてしまいます。その前に動いている手の邪魔をするために手の甲や手首に触れてストップさせちゃいましょう。

怖い・痛いセックスを我慢しないで!

その他、1本の指で膣内を縦横無尽に掻き乱している相手の場合、2本にすることで膣内を動き回ることは難しくなるし、力加減も優しくなります。相手の手や指を掴んで、レクチャーしてみたらいかがでしょうか。

ちなみに私は、膣口付近を指先でチロチロっと触られる程度が好きでして、指を挿入する手マンは好きではないので、指を挿入してから2,3回出し入れをされたあとに、手首に軽く触れながら「口でされるのが気持ちいい」とクンニに移行してもらう、または「ちんこがいい」と挿入へと導くようにしています

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

ギノフィット保湿ジェル 12×5ml [海外直送品]