カルチャー

綾野剛、二階堂ふみ、柳楽優弥を揃えても1ケタ爆死、ご都合主義の最終回にがっかり/『フランケンシュタインの恋』レビュー

【この記事のキーワード】
『フランケンシュタインの恋』公式HPより

『フランケンシュタインの恋』公式HPより

 綾野剛、二階堂ふみ、柳楽優弥、新井浩文、川栄李奈、柄本明、光石研と、豪華キャストがバランス良く配置されたドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)が、最終回平均視聴率7.3%、全話平均7.5%で幕を閉じました。日曜22時半という目立たない枠とはいえ、こんなに豪華でワクワクする面子を揃えてこの数字って期待外れも良いところでは。

 前回、研さん(綾野剛)の菌によって目を覚ました継実(二階堂ふみ)ですが、検査してみると「長く生きられない」とまで言われていた病気まで治っちゃいました。稲庭先輩(柳楽優弥)を筆頭に「2人はまさしく遺伝子の革命を起こしたんだ!」「奇跡だ!」なんて手放しで喜ぶ仲間たち。ずっと研さんをうがった目で見ていた姉(田島ゆみか)もラジオ局関係者もみーんなですよ。その上、継実と研さんは思いを伝え合い、幸せそうに手繋ぎデートとかしちゃって、2人の様子を稲庭先輩が笑顔で眺めちゃって、久々に幸せムードに包まれました。

 しかし、稲庭工務店の隣人の通報により、保健所職員と警察が「菌を検査する」と研さんを連行しに来ます。研さんが「ラジオに出た以上、こうなることは覚悟してました」と自ら保健所のトラックに乗り込もうとすると、稲庭先輩が「もう人間に合わせなくて良いよ。害を与えてるのはどっちなんだ! 逃げろー!!」と研さんを突き飛ばし、稲庭工務店の全員が盾となり、美琴(川栄李奈)の車に乗り込んで逃亡! 研さんは、山に帰ったのです。それを聞いた継実は、すぐさま山の家まで探しに行ったのですが、研さんは影に隠れ、山奥に消えてしまいます。「継実の人生を思って」とのこと。

1 2

[PR]
[PR]
ドラマ「フランケンシュタインの恋」オリジナル・サウンドトラック