連載

男性のフェラテクがうますぎて女性のフェラで感じなくなった

【この記事のキーワード】
urisen_ichigou

(C)messy

 以前「ノンケだけど、タチやっています」のインタビュー記事に登場した、ウリ専のいちごうです。ウリ専という、男性が男性に性的な接客をする業界に入ったノンケ(女性を好きな男性)にとって、男性同士のセックスがどのようなものなのか、書いていこうと思います。

ウリ専ってそもそも何?

 ざっくり言うと、同性愛の男性に男性が性的なサービスをするお店や、そこで働く男性のことです。詳しくは、インタビュー記事の「ノンケだけどタチやっています」にありますが、端的に言うと“男性を好きな男性のための性風俗”って感じですね。

 私がウリ専に入ったきっかけは、上京してからお金がなく、日払いでお金がもらえるアルバイトを探したことからでした。最初は女性を接客する出張ホストだと思い、軽い気持ちで応募してみたら、なんと男性相手の仕事だった、というわけです。

 具体的にはどんなことをしているのかと言うと、インタビューでも話したように、風俗嬢のような性行為はもちろんのこと、レンタル彼氏のようにデートをしたり、一緒にお酒を飲みに行ったりなどもします。あとはマッサージとか。

 基本的には、キスやフェラや手コキ、リップなどのオーラルセックスになりますが、男の子の同意があれば、アナルセックスも可能です。アナルセックスができるか、タチとウケのどちらができるのかは、お店のプロフィールに載っているので、アナルプレイをしたいお客様は、まずそこを確認してからご指名されますね。ちなみに私はタチ(挿入する側)をしています。

お仕事での性行為は気持ちいのか

 性行為=気持ちいいものという認識が一般的ですが、それがお仕事になるとやっぱり変わってきます。では、仕事での性行為は気持ちいいのかどうかと言うと……

 気持ちよくない(断言)。

 なんて表現すればいいのでしょうかね。セックスワーカー特有の感覚だと思うんですけど、感覚として3種類あるんです。

1.気持ちよくない。

2.たぶん気持ちいいのであろうテクニックを感じるが、快感として全く認識できない。

3.まあ気持ちよさはあるけど、逆にそれを大きなストレスとして感じる。

 もしかしたら私だけの感覚かもしれませんが……。ともかく、下手だと痛いのでストレスですし、上手いとそれはそれで「仕事なのに……」とストレスを感じます。痛くない程度に下手なのが一番いいですね。きっと、セックスで気持ちいいと感じるかどうかっていうのは、男であっても精神的なものが大きいんでしょうね。

 さて、男性同士の性風俗でのプレイは、フェラが中心になります。あくまで私の経験になりますが、「フェラされたいけど、自分もフェラしたい」という方が多いです。まあ、攻めたり攻められたりで、互いにフェラをすることになるのですが……。

 その光景って、カッコよく表現すればウロボロスで。古代の象徴の一つで、ウロボロスってありますよね。自分のしっぽを咥えて、わっかになっている蛇のモチーフです。

 男女でいうところの、69の体勢になると、互いのちんこを口に咥えることになります。上下でするのは、ちんこが喉の奥に入ったりと難しいので、横に寝てすることになります。クンニと違って、顔を股の間に挟む必要がないので、横向きでもまあやりやすいのです。上から見たら、ウロボロスだよなあ……と、どうでもいいことを考えながらやっています(集中しろ)。

1 2

いちごう

男に体を売る、現役のウリ専。お尻の開発をするべきか悩んでいる。
ちんこを使って仕事をしているせいか、最近は、ちんこが削れて無くなる夢をよく見る。

ウリ専!♂が♂にカラダを売る仕事