カルチャー

『ヴァイブレータ』不眠、摂食障害、アルコール依存症…救われる日は来るのか【寂しい女】

【この記事のキーワード】
『ヴァイブレータ スペシャル・エディション』

『ヴァイブレータ スペシャル・エディション』

「寂しい」と感じたことがない人はいないでしょう。

生きていると、寂しさ、楽しさ、嬉しさ、悲しさ……など、さまざまな感情を体験します。感情の起伏があまりに激しすぎると、その激しさは人の心をむしばむのです。

初対面の男に「触りたいの……」とつぶやく女

今回ご紹介する映画『ヴァイヴレータ』は、過剰な寂しさを抱えた女性が主人公です。

主人公の早川玲(寺島しのぶ)は31才のルポライター。頭の中で、言えなかった自分の気持ちや、書籍の文章、誰かが言った言葉などが再生されるという病を抱え、不眠症や摂食障害に加え、アルコールにも依存していました。

そんな玲は、ある日のコンビニで、フリーの長距離トラック運転手として、日本全国を走り回りながら生計を立てている男性・岡部(大森南朋)と出会います。

コンビニで一瞬岡部と視線をからませた玲の頭の中で「あれ食べたい」と声が流れます。対する岡部も玲の体にかすかに触れます。共鳴するものを感じた二人。玲は、そのまま岡部のトラックに乗り込むのです。

玲は、のっけから精神の不安定さを爆発させます。「あのね、私あなたに触りたい」と自分から言ったと思えば、「よく知らない人だから殴らないか不安」と消極的になったかと思えば、その直後にまた「触りたい、触りたいの……」とつぶやいたり。完全にヤバイ女です。

そんなヤバさに引くこともなく、岡部は彼女を抱きます。翌朝、玲は「道連れにして」と、岡部の仕事についていくことを提案。本作は、初対面の男女が数日間トラックで旅をするロードムービーなのです。

1 2

今来 今

神戸出身。大学入学を機に上京。出版社勤務を経て、現在ルポライター。映画ライター。

twitter:@imakitakon

ブログ:肉なしライフ(ベジタリアンではありません)

ヴァイブレータ スペシャル・エディション DVD